【人を動かす】デール・カーネギー流、4つのコミュニケーション術。

成功を導く名著
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この本を読んで得すること・得られるもの

あなたは、間違ったコミュニケーションの方法をとっている!🤯
最高のコミュニケーションには、秘密がある!😏
人に好かれる・人を説得する・人を変える 方法をゲット😃👍
人を操ること=💰🖤👑を要領よく手に入れること😈😈😈
コミュニケーションの達人=BOSS🛳️🤑🍹

D・カーネギー流、4つのコミュニケーション術。

1. 人を動かすためには、人の立場に身を置く。

まず相手の心の中に強い欲求を起こさせること。これをやれる人は、万人の支持を得ることが出来る。

人にアドバイスを与えるとき、多くの場合、自分の立場からしか物事を考えていない。典型的な例は、子供に勉強をさせようとする親だ。「勉強しろ!」と怒鳴ってみたところで、子供にとってモチベーションになるのだろうか?そうではなく、勉強することのメリットを、子供の本能的な欲求を満たす形で、並べてみてはどうだろう。

 

勉強する→賢くなる→お金持ちになる→大好きなサッカーのユニフォームを買い放題の人生

 

このように、相手の立場に立つことで、物事は驚くほどスムーズに、”自分の都合の良いように”動いてゆく。

2. 人に好かれるためには、誠実な関心を寄せる。

人間は、他人のことには関心を持たない。朝も、昼も、晩も―ひたすら自分のことに関心を持っているのだ。

人々に関心を持ってもらうためには、まずは自分から彼らに関心を持つことだ。何故なら、人々は彼ら自身のことに一番関心があるからである。単純明快。友を作ることも、恋人を作ることも、ビジネスを育てることも、この原則の上に成り立っているということに気づこう。

3. 人を説得するためには、議論を避ける。

議論をしていれば、人に勝つこともあるだろう。しかし、それはむなしい勝利だ―相手からの好意は決して勝ち取ることが出来ないのだから。ベンジャミン・フランクリン

議論に勝っても、相手からの好意が得られなければ、利益はない。ゼロだ。それより、むしろ相手に賛同しつつ、相手からの信頼を勝ち取り、様々なメリットを享受する方がよっぽど賢明だ。

 

人を説得したければ、相手に気づかれずにやることだ。誰にも気づかれないように、巧妙にやることだ。

 

相手の間違いを指摘することは、「私はあなたより頭がいい」といっていることに等しい。相手の感情を傷つけることにメリットは一つもない。だから、教えないふりをして相手を教え、相手が知らないことは、「忘れているのだ」と言ってみよう。

4. 人を変えるには、顔を立てる。

たとえ自分が正しく、相手が絶対に間違っていても、その顔をつぶすことは、相手の自尊心を傷つけるだけに終わる。

いくら成果が芳しくなくても、一所懸命に働いた人の顔を立てるべきだ。人間は、絶対に恩を忘れない。これを意識することで、多くの人々の忠誠心を獲得することが出来る。人をしかりつけても、嫌われるだけで何もメリットがない。

 

ここで紹介したのはほんの一部で、本にはたくさんのテクニックが具体例と共に掲載されている。

この本を書いた人

デール・カーネギー

  • デール・カーネギー Dale Carnegie
  • 出身地 ミズーリ(米国)
  • 誕生日 1888年11月24日
  • 職業 ライター モチベーショナル・スピーカー
  • 関連する組織 デール・カーネギー研究所

雑誌記者、俳優、セールスパーソン等を経て、YMCA弁論術担当に。その後、独自のコミュニケーション法を確立。

 


Photo by Kristina Flour on Unsplash

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash

Photo by Yutacar on Unsplash

Photo by Tiago Felipe Ferreira on Unsplash

コメント