【第一感】”直感”を磨く5つの方法。マルコム・グラッドウェルが明かす秘密。

第一感 blink マルコム・グラッドウェル malcom gladwell成功を導く名著
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この本を読んで得すること、得られるもの

  1. 無意識が、ほとんどのあなたの行動を決めている!🧠
  2. 無意識をマスターすれば、自分自身をマスターできる🤴 👸
  3. 無意識を操れば、人々を操ることができる🦾👽 💥
  4. あれも、これもゲットするためのマインドセット🤑 💰 😈

直感を磨く、5つの方法

1.潜在意識を開放し、一瞬で未来を予測する

人間の判断の多くは、実は顕在意識ではなく、無意識である潜在意識”が担っている。例えば、サッカーの試合を見ているとき、瞬時に現状を判断し、チームが失点しそうだということを予測できる。そういった判断は、意識的な思考が行っているものでは無く、無意識が行っているのだ。

その”潜在意識”の力を開放すれば、一瞬で将来まで予測した判断を下すことが出来る。例えば、15分間の新婚夫婦の会話を分析するだけで、その後の離婚の可能性が分かるという実験がある。潜在意識が集めるデータの量を増やせば、未来を予測するのも一瞬で可能なのである。

2.”見た目”がすべて

アメリカ史上最悪の大統領といわれたハーディングは、凛々しくハンサムな見た目が人気を呼んでいた。人々の潜在意識はあまりに強力で、時には”エラー”を起こすこともある。

第29代アメリカ大統領 ウォレン・ハーディング

特に”視覚”の果たす役割は大きく、見た目だけで第一印象が決まってしまうのだ。これは、人種差別の問題にもつながってくる。私たちは知らない間に、無意識に見た目で判断を下してしまう生き物なのだ。

3.”論理的思考”は時に間違っている!

人間の無意識が下す瞬時の判断は、特に驚くべき能力を発揮することがある。例えば、米軍が2000年ごろに行った「ミレニアム・チャレンジ」という軍事演習にそれが表れている。その演習では、従来型の軍隊と、最新装備を整え、軍事のみならず政治・経済などあらゆるデータを備えた軍隊を、コンピューター上で対戦させた。

その結果、最新のデータを備えた軍隊は、従来型の、経験に頼った軍隊に対して完敗してしまったのである。あまりの衝撃に、やり直しが行われたほどだった。論理的思考が導く最高の戦術が、直感と経験に基づく軍隊に見事に破れてしまったのだ。これだけでも、瞬時の直感が果たす力のポテンシャルを物語っている。

4.”プロの勘”の裏側

レコード会社や飲料メーカーなど、様々なマーケティングの過程で、消費者に対するヒアリングをするのは常識だ。しかしながら、こういった方法はなぜかうまくいかないことがある。事前のリサーチで評判が悪かった商品を、偶然発売したところ、大ヒットになるというケースが多数あるのだ。

 

これが示しているのは、アマチュアは瞬時の直感を発揮できないという真実である。だから、消費者へのヒアリングでは、ヒット商品を発掘できない。逆に、長年の経験を備えたプロの直感は、大衆の予想を反してヒットを生み出す

5.読心術を身に着ける

人間の感情は、実は顔にすべて現れている。顔の部位それぞれに、感情を表現するための役割があり、それを一つ一つ分析するだけで、相手の考えていることがほぼ100%分かってしまうのだ。赤ちゃんが、親の顔色をうかがうのはそのためだ。

大人になるにつれ、その本能は薄れてしまうが、後からでもトレーニングを重ねることで、読心術を身に着けることは十分可能だ。一瞬で相手の感情を理解できれば、この世で不可能なことはほぼないと言っても過言ではないのではないか?

この本を書いた人

マルコム・グラッドウェル

  • マルコム・ティモシー・グラッドウェル
  • Malcolm Timothy Gladwell
  • 誕生日 1963年9月3
  • 年齢 57
  • 星座 おとめ座♍
  • 出身地 ハンプシャー、イングランド(英国🇬🇧
  • 職業 ジャーナリスト
  • 身長 165
  • 未婚 
  • 関連する組織・ブランド ザ・ニューヨーカー ワシントン・ポスト

🤑マルコム・グラッドウェルの純資産は35億円(2020年現在)。

コメント