「メイカーズ・ムーブメント」とは?クリス・アンダーソンが確信する未来。

a boy working on a machine

メイカーズ・ムーブメント」。それは、クリス・アンダーソンが提唱した「3Dプリンタが製造業にもたらす変化」を表した概念。米国「Wired」誌の元編集長、「3D Robotics」CEOである彼は、「3Dプリンタ」が、生産手段を大企業などの「巨大資本」から「メイカーズ」へ移す契機になるだろうと予言しています。「大量生産の時代」は終わりを終わりを告げ、「メイカーズ」個人が究極のロングテールを実現する―。クリス・アンダーソンが著した「メイカーズ 21世紀の産業革命が始まる」の要約、そしてレビューです。

新産業革命

僕たちが主役だ:大企業からクリエイターの手へ

18世紀から19世紀にかけて起きた産業革命が人間の生活にもたらした変化。それは、人々の農村から都市への移動であり、工場労働の進展でした。さらに資本主義が進展した20世紀は、大企業の時代といっても過言ではないでしょう。生産手段資本家が掌握、一般市民は労働力の担い手としての立場に甘んじてきました。そして迎えた21世紀。目覚ましいテクノロジーの発展は、生産手段を人々の手に取り戻す可能性を秘めています。そして現在、それを裏付けるだけの「ムーブメント」が起きている―。それが「メイカーズ・ムーブメント」。

革命のツール

生産手段:3Dプリンタ

21世紀の産業革命」を牽引するツールは、「3Dプリンタ」。「3Dプリンタ」とは、いわば”従来のプリンタ”を3D化したもの。この機械を利用すれば、様々なアイデアを即座に試すことができます。使い方は簡単。コンピュータから受信したデザインを、そのまま”印刷する“だけ。大がかりな設備がなくても、簡単に少量の生産を行うことができる。さらに、細かな仕様の変更もコンピュータ上で簡単にできます。「3Dプリンタ」はまさに、「大量生産とプロトタイプ」に基づいた”20世紀型の製造業“に対抗しうる斬新なツール。「3Dプリンタ」さえあれば事実上、巨大企業に頼らずともクールなアイデアを製品にし、徐々に生産手段を個々人の手に取り戻していくことが可能になります。

資金調達:クラウド・ファンディング

資金調達の手段を変えるのは、「クラウド・ファンディング」。「クラウド・ファンディング」は、インターネット上で融資を募る新しいタイプの資金調達方法。「キック・スターター(Kickstarter)」などのウェブサイト上にアイデアを掲載し、既定の金額が集まればプロジェクトを開始することができます。銀行ベンチャー・キャピタルからの融資に頼る必要がないだけではなく、「その製品に需要があるか」を調べるマーケティングとしても非常に有効です。「資金調達」と「マーケティング」を同時に達成するこのシステムは、「誰もが起業家になれる」という理想を現実にしつつあります。

部品調達:オープンなサプライチェーン

トーマス・フリードマンは著書、「フラット化する世界」でグローバル化の進展が、「人材」そして「製品」の行き来をより自由にするだろうと予想しました。今、部品調達の世界でまさにそのような現象が起きています。例えば、アップルのiPhoneの背面に「Designed by apple in California assembled in China」と刻印されていたのは有名な話。今ではアップルのような巨大企業に限らずとも、グルーバルなサプライチェーンの構築が可能になっています。その最たる例は「アリババ」の存在。B2Bの部品取引を可能にするこのウェブサイトを使えば、効率的に自らのアイデアを形にし、同時に国際的な価格競争力を確保することも可能になります。

デジタル革命はまだ始まったばかり

ビットからアトムへ

ここ数十年のデジタル革命は人間の生活を変えていきました。しかし、著者クリス・アンダーソンに言わせると革命は”まだ始まったばかり“なのです。例えばFacebookTwitterは人々のコミュニケーションのスタイルを変えましたが、それはあくまでビット(データ上)の話アトム(現実世界)は実は、まだまだ大きな変化の可能性を秘めているのです。「3Dプリンタ」がこれまでのツールと根本的に違うのはこの点だとアンダーソンは言います。テクノロジーがアトム(現実世界)にもたらす影響の大きさを、私たちはこれから身をもって知ることになるはずです。

Square(スクエア)

デジタル決済サービスのSquareは、まさに「ビットからアトムへ」というテーマに沿ったプロジェクト。Twitter創業者のジャック・ドーシーが手掛ける事業で、彼は一日の多くの時間を注ぎ込んでいます。契約上Twitterとの競合サービスを開発できなかったドーシーは、全く新しいプロジェクトを模索。その中で生まれたのがSquare。Squareは高額なレジ導入費用をかけることなく、カードリーダースマートフォンがあればどこでも決済ができるサービスです。”ビットの世界”の住人であるドーシーが、”アトムの世界”に足を踏み入れた。これはこれから起こるデジタル革命の”本章“の幕開けなのかもしれません。

バイオ・テクノロジー

バイオ・テクノロジーは間違いなく、向こう数十年の最大の産業のひとつを占めるでしょう。バイオの世界を支配しているのは”ビット”である「遺伝子情報(DNA)」。分子や原子の配列を操作しながら、新たなアトム(物質)を作り出していく。バイオ・テクノロジーは、未来の「メイカーズ」たちの主戦場

マーケティング革命

大量生産の時代の終焉

20世紀型の製品開発は、「コストと利益計算」に基づいて行われてきました。例えば、自動車業界のパイオニアであるフォード黒塗りの車のみを大量生産してきました。その目的は明確で、「コストの最小化」。顧客のニーズに合わせた「カスタマイゼーション」という意識は希薄でした。それが現在はどうでしょうか。例えばナイキ・ストアでは「Nike ID」のサービスを用いれば、自分の好みのシューズを手に入れることができます。現在のマーケティングにおいて、「カスタマイゼーション」は避けては通れない究極の命題なのです。

究極のロングテール

「3Dプリンタ」が実現するのは、現在のレベルの”生半可”なカスタマイゼーションでないのは明らか。今、誰もが自分にとっての最高の製品を作ることのできる「究極のロングテール」の時代が始まろうとしています。その担い手になるのは、思い思いのアイデアを持つ一人一人の「メイカーズ」たち。「メイカーズ・ムーブメント」は、モノづくりやマーケティングの常識を打ち破ろうとしています。

[kattene]{“image”:”https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/514L3hWq-eL._SL160_.jpg”,”title”:”MAKERS 21世紀の産業革命が始まる”,”description”:”クリス・アンダーソン(著)関美和(訳)”,”sites”:[ {“color”:”orange”,”url”:”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1372668&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2FMAKERS-21%25E4%25B8%2596%25E7%25B4%2580%25E3%2581%25AE%25E7%2594%25A3%25E6%25A5%25AD%25E9%259D%25A9%25E5%2591%25BD%25E3%2581%258C%25E5%25A7%258B%25E3%2581%25BE%25E3%2582%258B-%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BD%25E3%2583%25B3%2Fdp%2F4140815760″,”label”:”Amazon”,
“main”:”true”}, {“color”:”red”,”url”:”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1372666&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&url=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fredirect%3F_url%3Dhttps%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fbook%252F11911536%252F%26_cks%3D8765ac857df071785e4be5a9f5bd17f39c6a2a%26_pgid%3Db02d51ef8b03b89f%26_pgl%3Dpc%26_ml%3Dpc.main.middle.gridSearchResults%26_mp%3D%257B%2522trigger%2522%253A%2522title%2522%252C%2522card%2522%253A%2522search%2522%252C%2522abs%2522%253A3%252C%2522rel%2522%253A3%252C%2522type%2522%253A%2522item%2522%252C%2522itemid%2522%253A%2522213310%252F16031510%2522%257D%26_mn%3DsearchResultItem”,”label”:”楽天”}, {“color”:”blue”,”url”:”//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3451101&pid=885754446&vc_url=https%3A%2F%2Ford.yahoo.co.jp%2Fo%2Fshopping%2FRV%3D1%2FRU%3DaHR0cHM6Ly9yZHNpZy55YWhvby5jby5qcC9zZWFyY2gvZGlyZWN0L3Byb21vZGQvZXZ0PTExNjQ3My9SVj0xL1JFPTE1NTU0MDQ2MzAvUkg9Y21SemFXY3VlV0ZvYjI4dVkyOHVhbkEtL1JCPS9SVT1hSFIwY0hNNkx5OXpkRzl5WlM1emFHOXdjR2x1Wnk1NVlXaHZieTVqYnk1cWNDOW9iMjU1WVdOc2RXSmliMjlyTHprM09EUXhOREE0TVRVM05qSXVhSFJ0YkQ5elkxOXBQWE5vY0Y5d1kxOXpaV0Z5WTJoZmFYUmxiV3hwYzNSZmMyaHpjbWRmZEdsMGJHVmZZbXhpYkEtLS9SUz1eQURBd3lvMFpYQXRQbWVWQ1BaRjBLNUtBZUp3TkZJLQ–%3B_ylt%3DA2RmPlHVRbRcJmUARTSkKdhE”,”label”:”Yahoo!”}, {“color”:”green”,”url”:”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1372667&p_id=932&pc_id=1188&pl_id=12456&url=https%3A%2F%2F7net.omni7.jp%2Fdetail%2F1106209167″,”label”:”7net”} ]}[/kattene]

Photo by Vance Osterhout

コメント