【登録方法】世界一の仮想通貨取引所、バイナンスの魅力について語る。

Binance仮想通貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイナンスは、仮想通貨取引所のガリバー(巨人)だ。

giraffe

世界最大の取引所との呼び声も高い。

 

サッカーでいえば、20世紀最高のクラブ「レアル・マドリード」、といったところか。

 

一言でいえば、最強だ。世界最高プレーヤー

 

今回は、そんなバイナンスの特徴・登録方法・取引方法・注意点などを確認していこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Binanceの特徴とは。

100種類以上の仮想通貨を取引しないか。他の追随を許さない圧倒的なラインナップ。

spices

バイナンスでは、何と100種類以上もの仮想通貨の取引が可能だ。日本国内の取引所には比べ物にならないほど、圧倒的なラインナップを誇っている。世界最大の仮想通貨取引所との呼び声も高いバイナンス。この取引所への仮想通貨上場は、マーケットにおけるステータスの一つになっており、上場のたびに大きなニュースとなる。日本国内で取引できないようなマイナーな通貨の場合、大幅な価格の上昇(下落)も考えられるため、目利きの投資家にとっては欠かせない存在となっている。ダイヤの原石を探したい投資家の皆さんには、一番最初に登録してほしい取引所だ。

上海、東京を経て、現在はマルタに本社を構える。

island

バイナンスは現在、地中海に浮かぶ共和国マルタに本拠地を置いている。もともとは上海で設立された取引所ではあるが、中国国内における仮想通貨規制の影響を受けて、本社機能を転々とすることになった。意外なことに、東京に本社を置いた経験もある。2017年設立と、比較的新しい取引所であることは間違いないが、現在では名実ともに世界最高峰の取引所の一つに名を連ねている。

圧倒的なセキュリティへのこだわりに驚く。

keys

バイナンスに登録してまず気づくのは、セキュリティに関する機能の多さだ。二段階認証などの基本的な機能を備えているのは当然であるが、それ以上に、他の取引所には見られないユニークな機能がいくつかある。

 

例えば、ログイン時に、以下のような画面が表示される。

binance log in

恐らく、ボットを排除するための仕組みだと思う。グーグルの認証などを使っているのを見ることは多いが、独自の方式を導入している点は、セキュリティ管理への本気度を感じる。ログインするたびに、だ。

 

バイナンスへの登録時にも、セルフィーの提出が求められるのも面白い。特に、アプリのカメラを起動して、まばたきを求められたときは非常に感心した。カメラで顔を映すだけでは不十分で、「本当に生きている人間かどうか」を確認する必要があるからだ。

 

さらに、バイナンスから送信されるメールには、本物であると証明するための「コード」が署名されている(Anti-Phishing Code)。このコードは、登録時に自分で設定できるものだ。このように、フィッシングメールに対応するための施策が練られている。

binance anti phishing

些細な点へのこだわりが感じられるのが、お分かりになるだろうか。セキュリティに多額の投資が出来るのは、さすがリーディングプレイヤーという感じがするし、好感が持てる。うん、数年で世界一の座を手にしたのも頷ける。

 

最も堅牢な取引所といっても過言ではないかもしれない。

とはいうものの、2019年には初めてのハッキングを受けてしまった。実に40億円相当の仮想通貨が盗まれてしまったわけであるが、事件後には全額、被害者に対して補填がなされている。

真相は定かではないが、恐らく取引所各社はハッキングに対しては「保険を掛けることによって対応」しているのではないか、と筆者は予想している。

ともあれ、大きな金額を保有する際には、取引所ではなく、ハードウォレットに保存するのが望ましいのかもしれない。

一連の騒動では、取引所へのセキュリティへの過信に対する戒めと共に、バイナンスの誠実な対応も印象に残ったのではないか。

バイナンス・コイン(BNB)を買って、手数料を節約。

fiat money

バイナンスではまた、独自トークンである「バイナンスコイン(BNB)」を購入することもできる。

 

バイナンスコインを買う意味は何かあるの?

 

それが、結構ある。最もダイレクトな効果は、「手数料の節約」だ。バイナンスでは、BNBの保有量に応じて手数料が変化する仕組みが用意されている。

手数料を減らすには、VIPのレベルを上げる必要がある。

binance fee

その時に「取引高」「バイナンス保有量」の二つの条件を満たすと、VIPを昇格できるシステムになっている。

binance fee VIP1

正直言って、50BTCの取引という最初のハードルは高い。普通の人なら、VIP0で止まってしまうだろう。

 

しかし、BNBを直接手数料に利用することで、手数料を節約するシステムを用意されているので安心してほしい。

 

手数料の支払いをBTCからBNBに変更するだけで、手数料を25%節約できる。

binance fee

正直言って、BNBを購入しておかない手はないように感じる。

 

しかも、BNBの価格はそれなりにまあまあ伸びている。

bnb price chart

blockonomi.comによれば、バイナンスは四半期ごとに、利益の20%を使ってBNBを買い戻しているという。この計画によれば、最終的には、BNBの市場流通量は当初の50%である100MM BNBまで減少する。

単純に考えれば、BNBの流通量が減少すれば、希少価値は反対に上昇する。そのため、BNBの価格の上昇を予想することも可能かもしれない。

キャピタルゲインを得る手段としてBNBを保有するのもありかも。

余ったコインは、BNBに両替しよう。

coins

バイナンスは、BNBへの両替サービスも行っている、とのこと。

 

送金や取引の後、余ったコインをBNBに変えてしまうことも可能らしい。

 

何というか、商売上手だ。

 

手数料用に、BNBを貯めておくのも良いかもしれない。

ハードフォークに肯定的。チャンスを逃さない。

salad

バイナンスは、積極的にハードフォークされた通貨をサポートすることで知られている。

 

ハードフォーク」というのは仮想通貨の分裂のことで、わかりやすく言えば「のれん分け」である。

 

仮想通貨の開発チームにもロック・バンドと同じく、「方向性の違い」というものが存在している。仲たがいの結果、新しい仮想通貨が生まれることも少なくないのだ。

 

その際、前の通貨を持っている人は、新しい通貨も手に入れることが出来るシステムを、バイナンスは比較的、積極的に取り入れている。

 

一石二鳥、ということだ。

Binanceに登録しよう。

  1. まずは、バイナンスのウェブサイトにアクセスする。速攻で、「Register(登録)」のボタンをクリックだ。binance register
  2. 「メールアドレス」「パスワード」「ID」を入力していく。バイナンスでは、18歳未満のキッズの取引を、残念ながら認めていない。該当する方は、まことに無念ではあるが、ここで退場いただきたい。慰めとして、後で一緒に飲もう。(法律で禁止されています。)
  3. そうしているうちに、メールの通知が鳴り始めたのではないかと思う。メール内に記載のURLをクリック。binance email
  4. バイナンスは、とにかく英語が大好きだ。「Verify Email(メールを認証する)」をクリック。
  5. 最後は、2段階認証の登録を忘れないでほしい。これが、アカウント防衛の命綱になるからだ。個人的には「Google Authenticator」がおススメである。

Binanceで取引しよう。

それでは、さっそく取引を行っていこう。

入金方法

まずは、入金方法から。

  1. バイナンスにログイン。
  2. ログインが出来たら、「Wallet(ウォレット)→「Deposit(預金)」と遷移しよう。
  3. 入金時に利用したい仮想通貨を選択。基本的には、ビットコイン(BTC)が圧倒的にお勧めである。その理由は、仮想通貨ペアが多いため、様々なトークンの購入に利用できるから。迷ったら、迷わず(!?)ビットコインを選択するべきだ。
  4. 肝心な入金方法だが、BTCの場合、二つある。「アドレス」か「QRコード」の二つだ。個人的には、QRコードをお勧めしたい。パソコンで入金先のQRコードを表示し、スマホのアプリで読み取れば完璧だ。スマートかつ正確にできるので気に入っている。ちなみに、コードを間違えると仮想通貨が消失する恐れがあるので、注意。
  5. 通貨によっては、「MEMO」というものが求められる場合がある。例えば、XRPなど。「MEMOの記載がない場合、入金が失われること」というメッセージを確認しておこう。確認したら、「Continue(続ける)」をクリック。
  6. BNBの売買の場合、MEMOは必須である。
  7. 「Wallet(ウォレット)→Deposit & Withdrawal History(入出金履歴)」と遷移。ここから入出金状況を確認できる。少し時間がかかることもあるので、しばし待たれたい。

売買方法

それでは、実際に売買をしていこう。

  1. バイナンスへログイン。
  2. とりあえず、BNBを買ってみることにしよう。まずは、「BTC Market→BNB」と遷移。「BNB/BTC」をクリックし、「Transaction Page(取引ページ)」へ移動へと移動する。
  3. バイナンスの取引画面は、こんな感じだ。結構、イケてると思わないか?
    • バイナンスからのお知らせ
    • 24時間の市場価格の変動
    • 売値
    • 買値
    • チャート
    • 注文の種類
    • 購入エリア
    • 売却エリア
    • 他の取引ペア
    • 最新の約定価格

これらの10つの要素が一覧で表示されている、便利な作りになっている。

  1. 実際に注文をしていこう。⑦購入エリアへ移動し、「Price(注文価格)」「Amount(注文数量)」を入力。最後には「Buy BNB(BNBを購入する)」のボタンを全力で押していこう。

出金方法

バイナンスで資産を拡大させたら、今度は出金。

  1. まずは、バイナンスにログイン。これをしないと何も始まらない。
  2. 「Wallet(ウォレット)→Withdraw(出金)」と遷移。
  3. 次に出てきた画面で、出金する予定の仮想通貨を検索する。
  4. バイナンスコインを出金する場合、「BNB MEMO」をコピーする必要がある。これを忘れると仮想通貨がなくなってしまう可能性があるので、注意。この設定は仮想通貨ごとに異なっているので、絶対に確認しておこう。最後に、「Submit(提出)」をクリック。
  5. ここまでの手続きでは、出金は完了しない。まずは、バイナンスから送信されたメールを確認。数量や送金先が正しいことを確認したら、「Confirm Withdraw(出金を確認する)」をクリック。30分以内にリンクを踏まないと無効になってしまうので、注意。
  6. 最後に、念のためもう一度完了をチェックしておこう。「Wallet(ウォレット)→Deposit & Withdrawal History(入出金履歴)」と遷移して、確認できる。

取引可能通貨

取引可能通貨を紹介しようと思ったが、やめた。

 

なぜか。

 

何しろ、500以上も仮想通貨ペアがあるのだ。日本国内の取引所で手に入る通貨はほぼ確実に手に入る。

手数料

入金手数料

これは当たり前だが、入金手数料は無料になっている。

出金手数料

バイナンスの出金手数料は、正直言って、面倒くさい

 

説明したくないのが、本音である。(!!!)

 

とりあえず、バイナンストークン(BNB)の保有高に応じて、手数料が変化していく、という点をお伝えしておこう。

 

最初の方は割引率が高いのに、だんだんと低くなっていくのか。ケチだな。

 

あとは、マーケットの動向によって変化していく。

時間1年目2年目3年目4年目5年目
割引率50%25%12.5%6.75%なし

 

取引手数料

取引手数料はもっとややこしいから、スクショでご容赦いただきたい。binance fee schedule

 

「BNBの保有高」および「30日間のトレード高」で決まるわけなのだが、100BTC以上のトレード高、というのは、普通の方にとってはいささか現実味を欠いているかもしれない。

 

そんな一般的な方には、以下のリンクをぜひ利用していただきたい。マネだちで作ったリンクから登録すると、手数料がキックバックされる仕組みになっているので、結構お得かもしれない。おススメである。

 

Binanceへの登録で注意しておきたいこと。

ここまで、バイナンスの素晴らしい点を列挙してきたが、実はいくつか考慮すべき点があるのにも触れておこう。主に、「海外取引所」であることに起因する理由なので、そこまで心配する必要はない。

日本円の入金は…できない。

japanese temple

バイナンスへは、日本円の入金はできない。

 

うん、わかる。日本国民の悲嘆の声が聞こえてくる。

 

でも、大丈夫だ。バイナンスでは、ビットコイン(BTC)での入金を受け入れている。日本国内の取引所でBTCを購入し、バイナンスへ送信すればそれで任務完了だ。

 
ちなみに、Binance Jerseyという取引所では、「米ドル」「英ポンド」「ユーロ」「豪ドル」での取引が可能になっている。「日本円」での取引開始が待ち遠しい。

さて、ビットコインを購入する際に、ぜひとも参考にしておきたいのは、「どの取引所が一番お得か?」という点だ。

 

参考になりそうな記事を、以下に残しておくことにしよう。

【手数料・スプレッド比較】ビットコイン買うならどの仮想通貨取引所?
ビットコインを一番安く買える取引所はどこか?ビットコインの取引所をランキング化して徹底比較。スプレッド・現物取引手数料・出入金手数料・レバレッジ手数料をリサーチ。あなたにピッタリの、最高の取引所を見つけよう。

日本語の使用は…できない。

mt fuji

バイナンスの公式サイトでは、日本語は利用できない。

 

どうなんだろうか。この点から、仮想通貨市場における日本のプレゼンスが見えてくるのかもしれない。

 

まだまだ、日本市場にはローカライゼーションを進めるほど魅力がないのかもしれない。

 

でも、大丈夫だ。

 

国境なんてものは、幻想にすぎない。

 

真実?

 

それは、”All is One”。どこにいようと、俺たちは地球と、いや宇宙と1つだ。

sea

 

そもそも、ビットコインのコンセプトは、国境を越えて通貨が一つになること。そうなんだ。

 

レバレッジの利用は…できない。

new york

バイナンスでは、レバレッジはかけられない。

 

これは少し意外だった。

 

皆さんは、レバレッジ系の取引所としては、「BitMex」や「ByBit」などが有名なのを知っているだろうか。おそらく、それらの巨人との対決は避けたいのだろう。

 

ということで、バイナンスは、現物に専念している。

 

大きな取引をしたい方は、レバレッジ系の取引所を確認してみてはいかがだろうか。

 

すいません、レバレッジは125倍(!?)までかけられるらしい。BitMEXの100倍をゆうに上回っているよ!!!

今すぐBinanceに登録。今すぐに、だ!

man

ここまで何度も申し上げてきたが、バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所としての呼び声が高い。日本国内の取引所のラインナップでは物足りないという方は、今すぐに登録するべきな取引所の筆頭だ。

 

バイナンスのメリットはデカいだけ、ではなく、セキュリティなどの細部へのこだわりもある。総合的に信頼できる取引所であると、個人的には感じている。

 

ここまで数年間で驚異的な成長を遂げてきたバイナンス。あなたも、バイナンス・ファミリーの一員として、ともに新しい物語を作り上げていかないか。

 

Yes, let’s Binance.

 

これが俺からのメッセージだ。

 

Photos by Dmitry Mishin Tom Winckels Silas Köhler Geronimo Giqueaux Cole Patrick rupixen.com Mohamed Nohassi Manuel Cosentino Su San Lee jonathan riley Su San Lee Elizeu Dias howling red

Much love!!!





次のページへ移る前に、少しお時間をいただけるだろか。

何故って?

それは、あなたに、「ユニークな仮想通貨プラットフォーム」をご紹介したいからだ。

仮想通貨自動トレードツール、QUOREA

QUOREA
QUOREA(クオレア)をご存知だろうか?

QUOREAのコンセプトは、単純明快。

「投資金額」と「自動トレードロボット」を決めて、放置するだけ。

これだけで、利益もしくは損失が生まれるというサービス。

僕自身、2020年1月11日からの累計で、約4%の収益率を稼ぎ出している(2020年1月28日現在)。具体的には、2万5千円の投資金額で、1014円のリターンを得ることが出来ている。
QUOREA(クオレア) 運用実績

QUOREAの良いところは、何といっても「時間がかからない」ところにあると思う。かかる時間は、AIロボットを選ぶ作業のみだ。忙しくて投資に手が回らない方は多いと思うが、そういった方にはぜひ注目していただきたいサービスなのだ。

それでは、自動トレードツールの中で、なぜQUOREAをお勧めするのか?という点に関して。客観的なデータに基づく理由を挙げるとすれば、「手数料の安さ」という点が大きい。

QUOREA(クオレア) 手数料 ご利用料金

例えば、上記の取引にかかった手数料は、たったの50円だ。それも、50円が下限に設定されているために、実際にかかっている手数料は50円より少ない。私が見た他社サービスでは、月3万円というのもあった。比べ物にならないほど、圧倒的にQUOREAの手数料は安い。

それでは、なぜ低い手数料を実現できているのだろうか。それは、QUOREAが「仮想通貨ロボットのプラットフォーム」となっているからだ。

つまり、ユーザーによって作成されたロボットを共有する場所が、QUOREAだというイメージだ。なかなか面白いところに着目したプラットフォーム・ビジネスだと思う。そして上記の運用実績の通り、ロボットの質は高い。

いずれにせよ、僕がQUOREAで収益を上げることが出来ているのは紛れもない事実だ。公式サイトを寄っていくだけでも、その雰囲気を感じ取っていただけると思う。
また、マネだちでは、QUOREAの運用実績の更新を随時行っていく予定だ。気になる方は、是非チェックしていただきたい。
QUOREA(クオレア)の登録方法から運用実績まで徹底解説。
本記事は、筆者個人の経験をお伝えする目的で制作されたものであり、特定の取引の勧誘・取次等を強制するものではありません。また本記事は、筆者が信頼に足り、正確であると判断した情報に基づき万全を期して作成されておりますが、その情報の確実性を保証し...
貴重なお時間をいただき、非常に感謝している。それでは、良い一日を!
仮想通貨
スポンサーリンク
manedachiをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
manedachi

コメント