バイナンスとは?マルタへ移転した、世界一の仮想通貨取引所。

Binance仮想通貨
バイナンス(Binance)は、2017年に香港で創業したマルタ共和国の仮想通貨取引所です。


2018年には、開始から1年足らずで取引量世界一の座に上り詰めました。

 

今回は、そんなバイナンスの基本情報・メリット・デメリットについてご紹介します。

 

 

バイナンスの基本情報

運営会社:バイナンス

バイナンスは、イタリアの南、マルタ共和国に本拠地を置く香港企業です。

もともとは香港に本社を置いていましたが、中国当局の規制を受けて移転。

 

2017年に東京に移動した後、マルタ島に腰を据えました。

 

社長:ジャオ・チャンパン

バイナンスの社長はジャオ・チャンパン氏です。

チャンパン氏は中国で生まれたのち、カナダのバンクーバーで育ちました。

 

彼の父親はもともとは大学教授でしたが、中国当局により国外追放を余儀なくされました。

少年時代はマクドナルドの店員をこなすなど、懸命に働きました。

 

大学時代はコンピューターサイエンスを学び、卒業後日本へ。

東京証券取引所でエンジニアとして活躍した後、中国で起業。 後の2017年にバイナンスを立ち上げています。

 

資本金:1000万ドル(約11億円)

資本金はおよそ1000万ドルです。
 

設立:2017年

設立は2017年です。

設立からほぼ時間が経過していませんが、既に世界一の仮想通貨取引所として君臨しています。

 

取り扱い通貨:100種類以上

バイナンスでは実に100種類以上もの通貨を取り扱っています。

上場スピードも早く、「未来のビットコイン候補」の有望株を購入することができます。

 

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)

等の主要なコインはもちろん網羅しています。

 

最小取引額:0.0001BTC

バイナンスの最小取引額は0.0001BTCです。

2018年12月8日現在のレートだと、0.0001BTC = 38円。

 

海外の取引所と言えど、始めるのは気軽です。

 

手数料

出入金手数料

バイナンスは法定通貨での出入金に対応していません。

つまり、日本円や米ドルでの出入金はできません。 出入金は仮想通貨で行う必要があります。

入金手数料:無料
バイナンスは、入金手数料が制限なく無料です。
出金手数料:有料
バイナンスの出金手数料は有料です。

金額は時期により変化があります。

 

2018年12月9日現在、バイナンスの入金手数料は

ビットコイン(BTC):0.0005BTC=約192円(目安)

となっています。

 

取引手数料:0.1%

通常時

バイナンスでの、通常時の取引手数料は

maker: 0.1% taker: 0.1%

となっています。

バイナンストークン利用時
バイナンスでは、取引手数料を割引する方法があります。

取引手数料をバイナンスの独自トークンである バイナンストークン(BNB)で支払うと、

 

取引手数料を 0.1% → 0.05%(50%割引)

まで下げることができます(利用1年目)。

 

割引率は、

1年目:50%

2年目:25%

3年目:12.5%

4年目:6.75%

5年目:0%

というように変化していきます。

 

つまり、1年目の取引手数料が最も安くなります

 

セキュリティ

二段階認証

バイナンスは、二段階認証に対応しています。

仮に秘密鍵が盗まれてしまった場合でも、二段階認証のパスワードによって被害を防ぐことができます。

 

レバレッジ:未対応

バイナンスは現在、レバレッジ取引には対応していません。

 

 

バイナンスのメリット

圧倒的なラインナップ

バイナンスは、何といっても豊富な種類のアルトコインを購入できる点が魅力です。

国内で購入できる何倍ものコインが選べますし、多彩な取引ペアが利用できます。

 

世界中から仮想通貨の情報を仕入れることのできる方なら、ぜひとも利用しておきたい点です。

 

ハードフォークへの対応が迅速

バイナンスは、比較的ハードフォークに迅速に対応できます。

ハードフォークとは、一つの通貨が何らかの理由で分裂することを言います。

 

主な原因は、内部の技術者同士の意見対立や利害の不一致です。

 

バイナンスでは、ハードフォーク時に高い確率で新しく誕生した通貨のトークンを付与されます

ハードフォークの可能性のある通貨を、バイナンスで所有するのも選択肢の一つです。

 

最新通貨の上場が早い

バイナンスは、最新通貨をいち早く取り入れています。

まだ値段の低い目立たないものも上場しています。

 

有望な通貨を選ぶことができれば、数年後に大きく価格が変動する可能性があります。

長期的な視点で、成長する伸びしろのある通貨を購入できるのもポイントです。

 

 

ユーザー数が多く、取引成立しやすい

バイナンスはユーザー数が多いため、スムーズに取引を成立させることができます。

売値と買値の差額であるスプレッドも比較的小さく、取引の効率性においては世界随一です。

 

最も利用者数が多いのは米国のユーザーで、続いて日本のユーザーが多くを占めています

 

 

バイナンスのデメリット

サポートが日本語未対応

バイナンスは、サポートが日本語に対応していません。

万が一、トラブル等でコンタクトを取る際には他の言語を用いる必要があります。

 

中国当局の介入の恐れ?

中国企業のバイナンスは、かつて中国当局の干渉を受けたことがあります。

移転先の日本でも金融庁から営業の見直しを迫られ、現在はマルタに拠点を移しました。

 

中国国外に本社を持つ現在、当局の介入を受ける可能性は低下していると考えられます。

しかしながら、そんな可能性を感じさせるのも海外の取引所であるからでしょう。

 

レバレッジ取引には未対応

バイナンスでは、レバレッジ取引を行うことができません。

行うことができるのは現物取引のみです。

 

大きなレバレッジをかけて一攫千金を狙うような取引には向いていません。

 

 

バイナンスのまとめ

バイナンスは、とにかく沢山の種類のコインを現物取引できる点が優れています。

手数料も比較的低く、約定も迅速。

 

世界一の名に恥じない、優秀な取引所です

 

海外の取引所ではありますが、日本人の利用者が2番目に多いです。

日本からの取引も可能なので、とりあえず登録してみても損はないでしょう。

 

【仮想通貨】おすすめの取引所のご案内

bitbank

bitbank
・国内No.1の取引量*
・リップル取引量 世界NO.1**
・狭いスプレッド
*2018/5/30 19:00 JST XRP Charts 30days **2018/9/20 CoinmarketCap

GMOコイン

アルトコイン訴求
・東証一部上場企業のグループ
・出入金手数料が無料
・口座開設でビットコイン(20,000Satoshi)プレゼント***
***キャンペーン終了時期は未定です。
仮想通貨
manedachiをフォローする
manedachi

コメント