【アイデアのちから】”記憶に残るアイデア”を作る、6つのルール。チップ&ダン・ハース

成功を導く名著
スポンサーリンク
スポンサーリンク
チップ・ハース&ダン・ハーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この本を読んで得すること・得られるもの

誰でも、”ワールドクラス”のアイデア”を生み出すことが出来る!👀😮
成功するアイデア”には、秘密があった!🤤🤫
アイデア作りの”チートコード”は、”S.U.C.C.E.S.S.の原則” ✨👑✨
“SUCEESS”を使いこなせば、”絶対に成功するアイデア”を作り続けられる!👌👽👍
強力なアイデアマン=💰😎🎨

“最高のアイデア”を生み出すための6原則

成功するアイデアには、共通点がある。

私たちは、様々な成功したアイデアに同じテーマや属性がみられることに気づいた。多くの民間伝承研究者や心理学者、教育研究者、政治学者、ことわざ収集者たちの研究から分かったことは、記憶に焼き付くアイデアには何らかの共通点があるということだ。

成功するアイデアに共通点があるのならば、それらのアイデアを分析し、学ぶことで、あなたのアイデアの成功率を高めることは十分に可能だ。その共通点をまとめたのが、”SUCCESS”であり、この原則を極めれば、誰でもワールドクラスのアイデアを量産することが出来る

1. 単純明快である SIMPLE

アイデアの核となる部分をどうやって見極めたらいいのだろうか。きっぱりと優先順位をきめること。理想はことわざである。単純明快であって、しかも重みや深みが無ければならない。

アイデアを単純化することで、初めて目指す方向がはっきりと定まる。例えば米国・航空業界でトップに上り詰めた「サウスウエスト航空」は、”米国で最も安い航空会社”というシンプルなアイデアを掲げたことが成功につながった。サウスウエストは、”最も安い航空会社”というゴールに繋がらないものは、全て切り捨ててきた。例えば、「食事のサービス」などである。シンプルなゴールを掲げることで、確実に前に進むことが出来る。「顧客満足」のような複雑なアイデアは、時に長所をぼかしてしまう。

2. 意外性がある UNEXPECTED

アイデアに関心を持ってもらうためには、どうすればいいのか?それには、予想を裏切る必要がある。相手の裏をかくのだ。

人間の脳と体は、パターンを把握することが得意だ。言い換えれば、いつも通りのパターンを目にした途端、注意を払わなくなる。結末が分かっているのならば、他のことに関心を払う方がよっぽど効率的だからである。人々の関心を集めるためには、パターンを破らなければならない。そのために、新商品はいつも、ビジュアルで意外性を訴えているのである。

好奇心が快適なら、それを解消しようとするはずがない。何故ミステリー小説は、結末を読むまでやめられないのか。何故野球の試合が接戦だと、最終イニングまでテレビを消せないのか。

情報を完全に与えないことも効果的だ。人間は、全く前知識がない場合、全く興味を払わない。完全に知識を持っている場合、興味を持ちにくいだろう。不完全な知識を与える”ことで、最後まで関心を持続させることが出来る。

3. 具体的である CONCRETE

アイデアをきちんと理解してもらうためには、どうすればいいのか?人間の行動や五感を通じてアイデアを説明する必要がある。企業の社是、シナジー効果、戦略、ビジョンといったものの多くは、あまりに曖昧で意味をなさないのだ。

 

ことわざ」が何百年の時を経て生き残っている理由を考えたことはあるだろうか?それは、アイデアが記憶に焼き付きやすいよう、具体的なエピソードを交えているからである。人間の五感のうちの、視覚に訴えているのだ。それと同じように、自分のアイデアを、目に見える形で作ってみる。人間の本能に訴えなければ、たとえ良いアイデアだとしても、人々の記憶から追いやられてしまう。

チップ・ハース&ダン・ハーズ

4. 信頼性がある CREDIBLE

アイデアを信じてもらうには、どうすればいいのか?そのためには、アイデアを相手に検証してもらう必要がある。

 

医者や学者など、専門家の肩書が強力な信頼性を与えるのは誰でも知っている。しかし、信頼性を高めるための方法はそれだけではない。

 

投票する前に、あなたの暮らしぶりが四年前より良くなったか自問してください

ジミー・カーター

 

自分自身で確認できることは、人々は信頼できることだと認識する。身近な例を挙げ、自分自身で検証できる形にアイデアを落とし込むことで、スムーズに信頼性を高めることが出来る。

5. 感情に訴える EMOTIONAL

アイデアを心にかけてもらうには、どうすればいいか?それには、相手の感情を掻き立てればいい。例えば、10代の若者に喫煙の影響を統計で示しても、効果は薄い。むしろ大手たばこ会社の欺瞞に対する怒りを煽るのが近道だ。

データを示すよりも、感情を煽る方法を探そう。共感や怒り、本能的な欲望をうまく活用することで注目を集める事が出来る。優しさや愛、美といった高尚な感情を引き出すことにも大きな効果がある。

 

物語性がある STORY

アイデアを行動に移してもらうには、どうすればいいのか?物語を伝えればいい。調査によると、ある状況を頭の中でリハーサルしておくと、実際に適切な行動が出来ることが分かっている。

 

物語は、それだけでSUCCESSの枠組みの大半をクリアしてしまう。具体的で、感情に訴えるものでなければ、物語とは言えないからだ。一番重要なのは、シンプルな論点を、ストーリーの全体を通して示すことである。新約聖書で、イエス・キリストはそれを軽々とこなしている。それが、歴史上最も読まれている本であるゆえんなのかもしれない。

 

この本を書いた人

  • チップ・ハース Chip Heath
  • 出身地 米国
  • 職業 学者
  • 関連する組織 スタンフォード大学

  • ダン・ハース Dan Heath
  • 出身地 米国
  • 職業 学者
  • 関連する組織 デューク大学

受賞歴

  • ニューヨークタイムズ ベストセラー
  • ウォールストリートジャーナル ベストセラー
チップ・ハース&ダン・ハーズ

コメント