「スティーブ・ジョブズ」を読めば、アップルの未来が分かる。

Steve Jobs

テクノロジーとリベラル・アーツの交差点に立つ。
これは、アップルの共同創業者のスティーブ・ジョブズが好んで使った言葉です。

テクノロジーとアートを融合させる、唯一無二のIT企業アップルを創業したジョブズの真実に迫る伝記、「スティーブ・ジョブズ」をレビューします。

「スティーブ・ジョブズ」のみどころ

世界を変えた男、ジョブズとは何者か?

「スタイリッシュさ」と「使いやすさ」という革命。「スティーブ・ジョブズ」を読めば、それを彼が成し遂げた必然性が分かります。ジョブズの生来の「美」へのこだわりの強さ、そしてカウンターカルチャーとの出会いから発展した「シンプルさ」の哲学。テクノロジー好きな「ギーク」の要素と、完璧を追求する「アーティスト」の要素が絶妙に組み合わさったジョブズという男でなければ、アップルの哲学を体現することはできなかったでしょう。利益をひたすら追求する大企業的な会社でもなく、ハッカー精神にあふれた自由なIT企業でもない。ジョブズが作ったアップルは、企業でありながらまるでアートの巨匠のような存在なのです。


しかし同時に、ジョブズがアップルで成功を収めた理由はポジティブな響きのものばかりではありません。気難しさ、完璧主義、自己中心主義、無神経さ、競争心。ジョブズの強いエゴは常にアップルの「心臓」となり、他社とは常に一線を画す戦略の源となってきたといえるでしょう。例えば、アップルのOSはアップル製品上でなければ機能しませんし、マックにはかねてから他社製品で使える機能が使えないなどの不便があります。これはやはり、ジョブズの哲学的な、デザイン的な信念がもたらしていることは明らかで、なぜ彼がそう考えるのかが本書を読めば見えてきます。

巨大企業、アップルの未来は?


スティーブ・ジョブズについて知ることは、アップルを知ることでもあります。これほどまでにCEOの存在感が大きい会社はあるのか。本書を読みながら何度もそう思いました。アップルを引き継いだティム・クックは、ジョブズから何を期待されたのか。そして、彼が展開するアップルの戦略はどのようなものになるのだろうか。アップルの繁栄はいつまで続くのか?第二のアップルは現れるのか?アップルだけでなく、IT産業、そして未来の世界について思いを巡らせるうえで、この伝記がヒントを与えてくれるかもしれません。

私たちはどう生きるべきなのか?

スティーブ・ジョブズが人々を魅了する理由は、もしかしたらアップルという存在とは別の何かかもしれません。それは、ジョブズが「生き方」について示唆を与えてくれるということなのではないでしょうか。ジョブズは気難しく、付き合いづらい男でした。とても、私たちの「社会」で理想とされている人間像とはかけ離れています。しかし彼は、そのようなことなど気にかけず、ひたすらに自分の信じる道を突き進みました。そのことが良く分かるのが、彼がスタンフォードで行ったスピーチですよね。

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma - which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become.

「時間は限られているんだ。他人の人生を生きるために、君の人生を無駄にしてはいけない。常識にとらわれてはいけない。それは、他人の考えに過ぎないから。他人の意見が、君の心の声を邪魔するのを許してはいけない。最も重要なのは、君の心と直感に従う勇気を持つこと。君の心は、君が本当になりたいものを分かっているから。」

自分のこころの声に耳を傾ける。瞑想的な、ジョブズらしい考え方ですが、これほどに彼の生き方をよく表している言葉はないのではないでしょうか。他人の人生を模倣するのではない。ジョブズの人生を模倣するのでもない。「社会」がどう考えようと、自分の人生を生きる。そんな勇気を持たせてくれるのがジョブズという男なのだと思います。

「スティーブ・ジョブズ」の登場人物

ウォズニアック


スティーブ・ウォズニアックは、アップルを創業した「もう一人のスティーブ」です。天才ハッカーの彼は、アップル初期の技術的な役割をこなしていて、"真の"アップル生みの親といっても過言ではありません。お人好しで思いやりにあふれる、ジョブズとは正反対のウォズニアックですが、時折現れる彼の鋭い証言は"本当のジョブズ像"を映し出しています。

ジョナサン・アイブ


アイブは、アップルのチーフ・デザイン・オフィサーです。アップルの美しいデザインを生み出し続け、ジョブズをうならせるアイデアマンでもあります。ジョブズの陰に隠れることが多いですが、アップルのイノベーションの源泉は間違いなく彼だといえます。

ビル・ゲイツ


最大のライバル、マイクロソフトを率いたゲイツは、ジョブズとは正反対の戦略を突き進みました。ソフトウェアを開放し、デザインよりコストパフォーマンスを重視する。IT産業を切り開いた第一人者であるゲイツと、"異端児"のジョブズとの意外な関係とは。

ジョブズ・ファミリー

ジョブズには恋人との間にリサ、そして奥さんのローレン・パウエルとの間にリード、エリン、イブという1男3女の子供がいます。ジョブズ自身は仕事人間で、家族への気遣いは足りていなかったと指摘されています。しかし時折、世界旅行に連れて行ったりと、優しい父親のジョブズが垣間見えることもあったようです。

末っ子のイブはスタンフォードの学生で、学生生活を満喫中のよう。

View this post on Instagram

Oreo cookie w/ extra Oreos please

A post shared by Eve Jobs (@evecjobs) on

「スティーブ・ジョブズ」のまとめ

巨大で、イノベーティブで、クールな世界的企業アップル。そして、スティーブ・ジョブズが目指した理想。彼の伝記を読めば、その全体像が見えてきます。これからの世界でキープレーヤーとなり得る巨大企業の運命を占ううえで、興味深いヒントを与えてくれるはずです。

 

ウォルター・アイザックソン(著)井口耕二(訳)

コメント