QASHとは?「圧倒的な流動性」を目指す、Liquidの哲学を体現。

QASH仮想通貨
QASH(キャッシュ)は、Liquid取引所が発行する仮想通貨トークンです。

仮想通貨のみならず、あらゆる金融の世界的企業を目指すQUOINE(コイン)社の哲学を体現する存在です。

 

今回はQASH(キャッシュ)について、

QASH(キャッシュ)の基本
QASH(キャッシュ)の特徴
QASH(キャッシュ)の将来性

この三つの観点から解説していきたいと思います。

 

 

QASH(キャッシュ)の基本情報

作者:QUOINE社

QASHの作者は、QUOINE社です。

QASHは、QUOINE(コイン)社によって製作された仮想通貨トークンです。

 

QUOINE社が運営する取引所Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)上で利用できる通貨としてスタートしました。

 

開始年月:2017年11月

QASHが生まれたのは2017年11月です。

QASHが目指すもの

世界中で同じ価格を共有するという目標

QASHが目指しているものは、「世界中で同じ通貨の価格を共有する」という目標です。

「取引所間で同じ通貨の価格が異なっている」という現状を変えようとしています。

 

この目標を実現するため、QASHはLiqud取引所の独自トークンとして機能しています。

 

Liquid取引所を世界レベルに!

QASHには、Liquid取引所を世界的な規模に押し上げる目的もあります。

QASHの知名度を高めて、Liquidの利用者を増やしたいからです。

 

現在、Liquidは主に東南アジアでマーケットを展開しています。
QASHの成功次第で、欧米やその他の地域でのシェア獲得も視野に入れることができます。

 

QASH誕生の経緯

法令順守のICOで資金調達

QASHは、ICOによって資金調達が行われました。

ICOとは、株式発行のようなシステムです。

 

株式の代わりに「トークン」を発行することで、莫大な資金を集めることができます。
出資者は「トークン」の値上がりにより報酬を受け取ることができるシステムです。

 

QASHはそのICOに基づき、「QASHトークン」として発行されました。
QASHのICOは日本の法令に準拠しているので、信頼できます。

 

ベースはイーサリアム(ERC20)

QASHのベースはイーサリアムという別の仮想通貨です。

ERC20というイーサリアムの機能を利用することにより、新しい通貨を発行することができます。

 

QASHは将来的に、イーサリアムから分離して独自の通貨システムを構築する予定になっています。

 

管理者:QUOINE社

QASHを管理しているのはQUOINE社です。

現状、QASHはイーサリアムに依存している状態ですが、最終的には完全に独立する予定になっています。

 

QUOINE社はQASHを利用した様々な構想を持っており、QASHの命運はQUOINE社が握っています。

 

単位:QASH(キャッシュ)

QASHの単位はQASH(キャッシュ)です。

そのままです。(笑)

 

発行方法:全て発行済み

QASHはすべての通貨が発行済みです。

最初のICO時に発行が完了しています。

 

これから追加の発行はないでしょう。

 

発行上限:10億QASH

QASHの発行上限は10億QASHです。

上限はすでに到達しています。

 

半減期:なし

QASHは発行が完了しているので、特に半減期はありません。
これからも半減期はないでしょう。

 

QASHの特徴

完全な流動性を実現する

QASHは、世界中で「完全な流動性」を実現することがミッションの一つです。

「完全な流動性」とは、日本でも米国でもブラジルでも一つの価格で取引できるイメージです。

 

例えば、

この取引所は過疎ってる
この時間帯はこの国の人が起きているから元気がない

というような、

取引所間の差・国境の差を無くし、活発な取引を促すことを目指しているのです。

 

Liquid取引所との相性が抜群

QASHは、Liquid取引所との相性が抜群です。

仮想通貨誤入金時の手数料の支払いにQASHが用いられるなど、独自の用途があります。

 

現在、国内の取引所でQASHを買うならLiquidです

 

 

QASH(キャッシュ)の将来性

イーサリアムを卒業し、「QASHコイン」へ進化

QASHは将来、イーサリアム上のトークンから進化を遂げる予定です。

独自に開発したシステム上で作動する、「QASHコイン」としての運用を目指しています。

 

QASHにとって節目になるのは、この「QASHコイン化」の時期でしょう。
現在、2019年ごろに実現するのではないかと考えられています

 

Liquid取引所の躍進に注目

QASHを買うなら、Liquid取引所の動向からも目が離せません。

Liquidは、「世界中で完全な取引の流動性を実現する」という野心的な目標を掲げています。

 

さらに、仮想通貨事業だけでなくすべての金融事業において世界の一流企業を目指しています
2019年には銀行免許の取得を目指しています。

 

いつの日か、日本のメガバンクと肩を並べる日も訪れるかもしれません。
そんな有望な企業の業績と、もちろんQASHの価格はリンクすると考えられます。

 

QASHの普及は、Liquidの躍進にかかっています。

 

 

まとめ

QASHは、Liquidを運営するQUOINE社が発行している仮想通貨トークンです。

将来的には、独自に開発したシステム上での運用を目指しています。

 

また、QASHはLiquidとの関連が強く、Liquidの躍進がQASHの価格に影響を及ぼすと考えられます

 

Liquidの目指す哲学に共鳴した方、Liquidに将来性を感じた方。

このような方が増えれば、QASHは大きく成長する可能性を秘めています。

【仮想通貨】おすすめの取引所のご案内

bitbank

bitbank
・国内No.1の取引量*
・リップル取引量 世界NO.1**
・狭いスプレッド
*2018/5/30 19:00 JST XRP Charts 30days **2018/9/20 CoinmarketCap

GMOコイン

アルトコイン訴求
・東証一部上場企業のグループ
・出入金手数料が無料
・口座開設でビットコイン(20,000Satoshi)プレゼント***
***キャンペーン終了時期は未定です。
仮想通貨
manedachiをフォローする
manedachi

コメント