フィスコに登録する前にこれだけはチェック!登録手順や注意点

FISCO仮想通貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、フィスコ仮想通貨取引所に登録する前に、ぜひ押さえておきたいポイントをご紹介します。
一度手順や注意点に目を通してから登録していただくことで、手続きがスムーズになるかと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィスコとは?

フィスコは、セキュリティの高さに定評のある仮想通貨取引所です。

ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、フィスココイン(FSCC)、カイカコイン(CICC)、ネクスコイン(NCXC)の6種類の通貨を購入することができます。

 

 

 

フィスコに登録する前に、これだけはチェック!

フィスコ仮想通貨取引所に登録する前に、最低限抑えておきたいポイントをチェックしましょう。

 

パスワードは厳重に!

パスワードは厳重なものを登録しましょう。

しっかりとしたパスワードを設定することで、不正利用のリスクを下げることができます。

 

フィスコでは、

ローマ字小文字
ローマ字大文字
その他記号

を用いてパスワードを設定することができます。

 

どれか一つだけを使うのではなく、全ての要素を含めたパスワードを作りましょう

 

また、パスワード設定中はパスワードの強度を確かめることができます。
最低でも100%以上のパスワードを設定しておきましょう

 

2段階認証を忘れずに!

2段階認証は、必ず口座開設時に行っておきましょう。

2段階認証を行うことで、不正利用のリスクを下げることができます。

 

フィスコの2段階認証は、主にGoogle等のスマートフォンアプリ等を使って行います。

 

イメージとしては、

フィスコへのログイン前にアプリを使って、2段階認証コードを確認
→フィスコのログインページにパスワードと一緒に2段階認証コートを入力
→ログイン完了

という流れです。

 

また、取引所によっては2段階認証を行ってない場合、ハッキング時の返金対象外になる場合があります。
2段階認証は非常に重要なので、忘れずに必ず行っておきましょう

 

メールアドレスはよく使うもので!

メールアドレスは、よく使うもので設定するのをお勧めします。

その理由は、ログイン履歴の情報などを随時受信できるからです。

 

万が一不正なログインがあったとしても、早期に気付けば被害を抑えられるかもしれません。
また、キャンペーン情報など取引所が提供する情報を常にキャッチできるようにする狙いもあります。

 

これらの理由から、普段よく目にするメールアドレスを登録するのをお勧めします。

 

書類を撮影するときは光が入らないように注意

書類を撮影する際は、明るすぎないか、暗すぎないかに注意しましょう。

万が一顔写真や文字が読み取りにくい状態だと、再度送信を求められる場合があります。

 

オススメは、壁やパソコンなどに立てかけて撮影する方法です。
書類と平行になるように撮影すれば、うまくいくはずです。

 

免許証は裏も撮影しよう

免許証は、表面だけでなく裏面も撮影して送信するようにしましょう。

裏面を送信し忘れると、送信するまで取引所の登録ができなくなります

 

これは、まさに僕が犯してしまったミスです。(笑)

 

意気揚々と登録を終えた気になっていたのですが、

免許証の裏面を送信してください

というメールが後日届きました。(笑)

 

一度登録が却下されると少しがっかりするので、必ず書類は完全な形でアップロードしましょう

 

 

フィスコの登録方法

それでは、フィスコ仮想通貨取引所への登録を早速始めましょう。

用意するもの
免許証・マイナンバーカード等の身分証明書(できれば写真に撮っておく)
スマートフォン
メールアドレス

フィスコにアクセス

まずは、フィスコ仮想通貨取引所にアクセスします。

 

新規ご登録はこちら

をクリックします。

 

メールアドレスを入力

メールアドレスを入力します。
ロボットでないことを証明するため、reCAPCHAの指示に従います。

メールアドレスは、日常的にチェックしているものを登録するのをお勧めします。
ログイン履歴や、最新情報などを受け取ることができます。

 

メールをチェック

登録したメールアドレスに送信されたメールをチェックしましょう。
no-reply@fcce.jpから送信されたメールならオッケーです。

 

URLをクリックします。

 

パスワードを設定

パスワードを登録します。
小文字・大文字・記号を組み合わせて厳重なパスワードを作りましょう。

フィスコでは、50%以上の安全度に到達すると登録が可能になります。
個人的には、100%以上のパスワードを設定することをお勧めします。

 

個人情報を登録

個人情報を登録します。
必要な情報は、以下の通りです。

 

  1. 氏名・住所など
  2. 銀行口座
  3. SMS/携帯電話認証
  4. 運転免許証等の本人確認書類
本人確認書類の撮影時には、以下の点に注意しましょう。
暗すぎないか、光が入っていないか
画面からはみ出していないか
裏表、完全に撮影できているか

2段階認証を設定

個人情報の登録が終わったら、2段階認証の登録を必ず行っておきましょう。

 

「2段階認証はご存知ですか?」

と書かれている赤いバナーをクリックし、設定を行ってください。

 

Googleのアプリなどを利用することで、取引所のアカウントとスマホを紐づけることができます。

2段階認証を行うと、不正ログインの確率を下げることができます。
また、ハッキング時に取引所からサポートを受けられる場合があります。
最初にしっかりと設定を行いましょう。

郵送で本人確認

後日、郵便はがきが送られてきます。
はがきに記載された番号を、フィスコの口座にて入力すれば本人確認が完了します。

 

これで、フィスコ仮想通貨取引所への口座登録は完了となります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

フィスコ仮想通貨取引所への登録は、かなりサクサクできます。
思ったより簡単なので、この機会に是非登録してみてください。

 





次のページへ移る前に、少しお時間をいただけるだろか。

何故って?

それは、あなたに、「ユニークな仮想通貨プラットフォーム」をご紹介したいからだ。

仮想通貨自動トレードツール、QUOREA

QUOREA
QUOREA(クオレア)をご存知だろうか?

QUOREAのコンセプトは、単純明快。

「投資金額」と「自動トレードロボット」を決めて、放置するだけ。

これだけで、利益もしくは損失が生まれるというサービス。

僕自身、2020年1月11日からの累計で、約4%の収益率を稼ぎ出している(2020年1月28日現在)。具体的には、2万5千円の投資金額で、1014円のリターンを得ることが出来ている。
QUOREA(クオレア) 運用実績

QUOREAの良いところは、何といっても「時間がかからない」ところにあると思う。かかる時間は、AIロボットを選ぶ作業のみだ。忙しくて投資に手が回らない方は多いと思うが、そういった方にはぜひ注目していただきたいサービスなのだ。

それでは、自動トレードツールの中で、なぜQUOREAをお勧めするのか?という点に関して。客観的なデータに基づく理由を挙げるとすれば、「手数料の安さ」という点が大きい。

QUOREA(クオレア) 手数料 ご利用料金

例えば、上記の取引にかかった手数料は、たったの50円だ。それも、50円が下限に設定されているために、実際にかかっている手数料は50円より少ない。私が見た他社サービスでは、月3万円というのもあった。比べ物にならないほど、圧倒的にQUOREAの手数料は安い。

それでは、なぜ低い手数料を実現できているのだろうか。それは、QUOREAが「仮想通貨ロボットのプラットフォーム」となっているからだ。

つまり、ユーザーによって作成されたロボットを共有する場所が、QUOREAだというイメージだ。なかなか面白いところに着目したプラットフォーム・ビジネスだと思う。そして上記の運用実績の通り、ロボットの質は高い。

いずれにせよ、僕がQUOREAで収益を上げることが出来ているのは紛れもない事実だ。公式サイトを寄っていくだけでも、その雰囲気を感じ取っていただけると思う。
また、マネだちでは、QUOREAの運用実績の更新を随時行っていく予定だ。気になる方は、是非チェックしていただきたい。
QUOREA(クオレア)の登録方法から運用実績まで徹底解説。
本記事は、筆者個人の経験をお伝えする目的で制作されたものであり、特定の取引の勧誘・取次等を強制するものではありません。また本記事は、筆者が信頼に足り、正確であると判断した情報に基づき万全を期して作成されておりますが、その情報の確実性を保証し...
貴重なお時間をいただき、非常に感謝している。それでは、良い一日を!
仮想通貨
スポンサーリンク
manedachiをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
manedachi

コメント