フィスコとは?Zaifを吸収&高いセキュリティが売りの仮想通貨取引所。

FISCO仮想通貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フィスコ仮想通貨取引所は、金融業務に長らく携わってきたフィスコの傘下にある企業です。

2018年11月22日には、Zaif(ザイフ)取引所から事業を譲りうけたことで話題になりました。

今回は、そんなフィスコ仮想通貨取引所についてご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィスコの基本情報

運営会社:フィスコ仮想通貨取引所

社長:越智 直樹

フィスコ仮想通貨取引所の社長は越智 直樹氏です。

ITコンサルタントや投資会社のM&Aアナリストなどを経てフィスコ入社されました。

 

資本金:3.87億円(準備金含む)

準備金を含む資本金はおよそ3.87億円です。

親会社であるフィスコはジャスダックに上場してることから、資金繰りに困る心配はないでしょう。

 

設立:2016年4月

設立は2016年4月です。

現時点でも十分な実績がありますね。

 

取り扱い通貨:5種類(BTC, BCH, MONA, FSCC, CICC, NCXC)

フィスコでは6種類の通貨を取り扱っています。
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)

の3種類の仮想通貨と、

 

フィスココイン(FSCC)
カイカコイン(CICC)
ネクスコイン(NCXC)

の3種類の独自トークンです。

 

最小取引額:0.0001BTC

フィスコの最小取引額は0.0001BTCです。

2018年11月28日現在のレートだと、0.0001BTC = 約45円。

仮想通貨投資は、ほんの小額からでも始めることができます。

 

手数料

入金手数料

入金手数料についてご紹介します。

日本円:無料(銀行手数料のみ)

日本円での入金手数料は無料(銀行手数料のみ)です。

仮想通貨:無料

BTC・MONA・BCH・Counterpartyトークンによる入金手数料は無料です。

 

出金手数料

日本円:有料

日本円の出金手数料は有料です。

50万円未満の場合:350円
50万円以上の場合:750円

となっています。

仮想通貨:有料

仮想通貨の出金手数料は有料です。

ビットコイン:0.001BTC
モナコイン:0.001MONA
Counterpartyトークン:0.001BTC
ビットコインキャッシュ:0.001BTC

となっています。

 

取引手数料

取引手数料は以下の通りです。

BTC/JPY 0.1%
MONA/JPY 0.1%
MONA/BTC 0.1%
Counterpartyトークン 0.1%
BCH/JPY 0.3%
BCH/BTC 0.3%

 

セキュリティ

コールドウォレット

フィスコでは、コールドウォレットを使用できます。

コールドウォレットとは、オフライン上で管理されたウォレットのことです。
オンライン上の口座がハッキングに遭った際、被害を最小限にまでとどめることができます。

 

マルチシグ

フィスコでは、マルチシグを利用できます。

マルチシグは、秘密鍵の認証を複数の機関が行うシステムです。

 

仮に一つの機関がハッキングを受けても、不正利用のリスクを軽減することができます。

2段階認証

フィスコは、2段階認証に対応しています。

仮に秘密鍵のセキュリティが突破されたとしても、その都度生成されるランダムなパスワードが悪用を防いでくれます。

レバレッジ:なし

フィスコではレバレッジ取引を行うことができません。

 

 

フィスコのメリット

親会社がジャスダック上場企業だから安心

フィスコ仮想通貨取引所の親会社はフィスコ株式会社です。

親会社は東証ジャスダックへ上場しているので、資金調達のルートがあるという点で信頼がおけます。

 

また、フィスコは長らく金融業務に携わってきた歴史があるので、ノウハウも充実しています
ハッキングへの対策や、サポートの対応にも期待がかかります。

 

独自トークンを購入できる

フィスコでは、独自トークンを購入できる点がメリットです。
フィスココイン(FSCC)
カイカコイン(CICC)
ネクスコイン(NCXC)

これらのトークンの発行は、フィスコの資金調達ルートの一つのなっています。

 

セキュリティに力を入れている

セキュリティに力を入れているのもフィスコの特徴です。

フィスコにある仮想通貨が、マネーロンダリングやテロ資金提供に流用されるのを防止する対策も取られています。

誠実な運営を心掛ける同社の態度には好感が持てます。

 

 

フィスコのデメリット

レバレッジ取引ができない

フィスコでは現在、レバレッジ取引には対応していません。

この点、上級者のユーザーにとっては物足りないかもしれません。
しかし、初心者や標準的な使い方をなさる方なら大きな問題ではないでしょう。

 

手数料が高め

フィスコの手数料は、他の取引所に比べて高めです。

これは、フィスコがセキュリティーに多くの資金を投入しているためだと考えられます。

長期保有を基本に考えられている方ならば、手数料よりもセキュリティーを重視した方がよい場合もあります。

 

利用者数は発展途上

フィスコの利用者数は、現在増加している途中です。

そのため、取引所ではスプレッドが大きくなってしまうことがあります

この点は、フィスコの存在が今後より知れ渡るようになれば改善していくでしょう。

 

 

フィスコのまとめ

フィスコ仮想通貨取引所は、ジャスダック上場企業フィスコの傘下にあるため安定した営業が期待できます。

最大の特徴は、オリジナルのトークンを購入できる点と、セキュリティ面に力を入れている点でしょう。

 

このままハッキングに強い取引所としてのイメージを確立できれば、多くのユーザーを獲得していくと予想されます。

安定感があって使いやすい。

そんな取引所がフィスコです。

 





次のページへ移る前に、少しお時間をいただけるだろか。

何故って?

それは、あなたに、「ユニークな仮想通貨プラットフォーム」をご紹介したいからだ。

仮想通貨自動トレードツール、QUOREA

QUOREA
QUOREA(クオレア)をご存知だろうか?

QUOREAのコンセプトは、単純明快。

「投資金額」と「自動トレードロボット」を決めて、放置するだけ。

これだけで、利益もしくは損失が生まれるというサービス。

僕自身、2020年1月11日からの累計で、約4%の収益率を稼ぎ出している(2020年1月28日現在)。具体的には、2万5千円の投資金額で、1014円のリターンを得ることが出来ている。
QUOREA(クオレア) 運用実績

QUOREAの良いところは、何といっても「時間がかからない」ところにあると思う。かかる時間は、AIロボットを選ぶ作業のみだ。忙しくて投資に手が回らない方は多いと思うが、そういった方にはぜひ注目していただきたいサービスなのだ。

それでは、自動トレードツールの中で、なぜQUOREAをお勧めするのか?という点に関して。客観的なデータに基づく理由を挙げるとすれば、「手数料の安さ」という点が大きい。

QUOREA(クオレア) 手数料 ご利用料金

例えば、上記の取引にかかった手数料は、たったの50円だ。それも、50円が下限に設定されているために、実際にかかっている手数料は50円より少ない。私が見た他社サービスでは、月3万円というのもあった。比べ物にならないほど、圧倒的にQUOREAの手数料は安い。

それでは、なぜ低い手数料を実現できているのだろうか。それは、QUOREAが「仮想通貨ロボットのプラットフォーム」となっているからだ。

つまり、ユーザーによって作成されたロボットを共有する場所が、QUOREAだというイメージだ。なかなか面白いところに着目したプラットフォーム・ビジネスだと思う。そして上記の運用実績の通り、ロボットの質は高い。

いずれにせよ、僕がQUOREAで収益を上げることが出来ているのは紛れもない事実だ。公式サイトを寄っていくだけでも、その雰囲気を感じ取っていただけると思う。
また、マネだちでは、QUOREAの運用実績の更新を随時行っていく予定だ。気になる方は、是非チェックしていただきたい。
QUOREA(クオレア)の登録方法から運用実績まで徹底解説。
本記事は、筆者個人の経験をお伝えする目的で制作されたものであり、特定の取引の勧誘・取次等を強制するものではありません。また本記事は、筆者が信頼に足り、正確であると判断した情報に基づき万全を期して作成されておりますが、その情報の確実性を保証し...
貴重なお時間をいただき、非常に感謝している。それでは、良い一日を!
仮想通貨
スポンサーリンク
manedachiをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
manedachi

コメント