GMOコインとは?初心者でも簡単、大企業だから安心の取引所。

GMO仮想通貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルトコイン訴求

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GMOコインの基本情報

運営会社:GMOコイン

社長:石村 富隆

GMOコインの社長は石村 富隆氏です。

若松 剛史氏の辞任を受け、2017年12月から社長に就任しました。

 

主に三菱UFJ信託銀行など金融業界を渡り歩いた経歴を持っています。
過去にはライブドアに所属した経験もあります。

 

資本金:17.58億円(準備金含む)

準備金を含む資本金はおよそ17億円です。

親会社であるGMOインターネットの存在もあり、資金面では大きな心配はなさそうです。

 

設立:2016年10月

設立は2016年10月です。

取り扱い通貨:5種類(BTC, ETH, XRP, BCH, LTC)

GMOコインでは5種類の通貨を取り扱っています。
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)

です。

 

マイナーな通貨のラインナップはなく、主に時価総額上位の通貨を買うことができます。

 

最小取引額:0.0001BTC

GMOコインの最小取引額は0.0001BTCです。

2018年11月28日現在のレートだと、0.0001BTC = 45円。

 

非常にお手軽に始めることができますね。

 

手数料

 

出入金手数料

日本円

出金手数料は無料です。

入金手数料は即時入金の際に無料ですが、振込入金の際に有料となります。

仮想通貨

出金手数料は無料です。

入金手数料は、マイナー宛の手数料のみ発生します。

 

取引手数料

販売所での取引手数料は無料です。

現物取引の際はMakerに対する手数料が0%、Takerに対する手数料が0.01%となっています。

 

セキュリティ

コールドウォレット

GMOコインでは、コールドウォレットを使用できます。

コールドウォレットとは、インターネットと隔離されたウォレットのことです。

これを使用することで、ハッキングなどを受けた際に被害を縮小させることができます。

 

マルチシグ

GMOコインでは、マルチシグを利用できます。

マルチシグとは、複数の機関が秘密鍵の利用を承認するシステムです。

 

仮に一つの機関がハッキングされ、秘密鍵の不正利用を試みたとしても、残りの機関がそれを防いでくれます。

レバレッジ

ビットコイン:5・10倍

ビットコインでは5倍もしくは10倍のレバレッジが利用可能です。

アルトコイン

その他のアルトコイン(ETH、XRP、BCH、LTC)では5倍のレバレッジが利用可能です。

GMOコイン

 

GMOコインのメリット

大企業が運営しているから安心

GMOコインは、何といっても大企業が運営していることで安心感が違います。

母体のGMOインターネットは11年以上金融業務に携わっていて、セキュリティを中心に沢山のノウハウが蓄積されています。

倒産する確率が低いのはもちろんのこと、困ったときのサポートなどに期待が持てます。

 

販売所で簡単に取引ができる

GMOコインには、取引所だけでなく販売所も存在しています。

販売所のメリットは、取引所に比べて簡単に仮想通貨を購入できる点です。

取引所の場合、売り手と買い手のニーズが合致しなければならないため、時間がかかりますし、テクニックも必要とされます。

しかし、販売所の場合はあらかじめ決められた金額で仮想通貨を購入することができるので、時間的なコストを節約することができます。

 

同時に販売所には、通貨自体の値段が少し割高になってしまうデメリットもあります。

しかし、総合的に考えると、経験の少ない初心者にはお手軽でお勧めできる購入方法です。

 

最短翌日に口座開設

最短で翌日に口座開設が完了します。

口座開設のスピードに関しては、繁忙期かどうかで若干前後します。

 

基本的にはスピーディーに取引が始められると考えていいと思います。

初心者訴求(赤)

 

GMOコインのデメリット

 

日本円でしか売買ができない

GMOコインでは、外貨での取引ができません。

米ドルやユーロを利用する上級者の方にとっては物足りないかもしれません。

一方、一般的な取引を行う初心者の方にはあまり影響しません。

 

取引所で扱われているのはビットコインのみ

GMOコインでは、取引所で購入できるのはビットコインのみです。

イーサリアムやリップルなどのアルトコインは、販売所でのみ購入することができます。

初心者訴求(青)

 

GMOコインのまとめ

GMOコインは、大企業GMOインターネットの子会社であることもあり、安心度に定評のある取引所です。

また初心者に対しても、操作の簡単な販売所を設置している点も魅力です。

 

高度な取引ができない点、上級者には物足りないところもあるかもしれません。

しかし、初心者の方にとっては非常に使いやすく、安定感のある取引所としておすすめできます。
GMOコインへの登録はこちら⇒




次のページへ移る前に、少しお時間をいただけるだろか。

何故って?

それは、あなたに、「ユニークな仮想通貨プラットフォーム」をご紹介したいからだ。

仮想通貨自動トレードツール、QUOREA

QUOREA
QUOREA(クオレア)をご存知だろうか?

QUOREAのコンセプトは、単純明快。

「投資金額」と「自動トレードロボット」を決めて、放置するだけ。

これだけで、利益もしくは損失が生まれるというサービス。

僕自身、2020年1月11日からの累計で、約4%の収益率を稼ぎ出している(2020年1月28日現在)。具体的には、2万5千円の投資金額で、1014円のリターンを得ることが出来ている。
QUOREA(クオレア) 運用実績

QUOREAの良いところは、何といっても「時間がかからない」ところにあると思う。かかる時間は、AIロボットを選ぶ作業のみだ。忙しくて投資に手が回らない方は多いと思うが、そういった方にはぜひ注目していただきたいサービスなのだ。

それでは、自動トレードツールの中で、なぜQUOREAをお勧めするのか?という点に関して。客観的なデータに基づく理由を挙げるとすれば、「手数料の安さ」という点が大きい。

QUOREA(クオレア) 手数料 ご利用料金

例えば、上記の取引にかかった手数料は、たったの50円だ。それも、50円が下限に設定されているために、実際にかかっている手数料は50円より少ない。私が見た他社サービスでは、月3万円というのもあった。比べ物にならないほど、圧倒的にQUOREAの手数料は安い。

それでは、なぜ低い手数料を実現できているのだろうか。それは、QUOREAが「仮想通貨ロボットのプラットフォーム」となっているからだ。

つまり、ユーザーによって作成されたロボットを共有する場所が、QUOREAだというイメージだ。なかなか面白いところに着目したプラットフォーム・ビジネスだと思う。そして上記の運用実績の通り、ロボットの質は高い。

いずれにせよ、僕がQUOREAで収益を上げることが出来ているのは紛れもない事実だ。公式サイトを寄っていくだけでも、その雰囲気を感じ取っていただけると思う。
また、マネだちでは、QUOREAの運用実績の更新を随時行っていく予定だ。気になる方は、是非チェックしていただきたい。
QUOREA(クオレア)の登録方法から運用実績まで徹底解説。
本記事は、筆者個人の経験をお伝えする目的で制作されたものであり、特定の取引の勧誘・取次等を強制するものではありません。また本記事は、筆者が信頼に足り、正確であると判断した情報に基づき万全を期して作成されておりますが、その情報の確実性を保証し...
貴重なお時間をいただき、非常に感謝している。それでは、良い一日を!
仮想通貨
スポンサーリンク
manedachiをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
manedachi

コメント