ビットバンクとは?アルトコインに絶対の自信。今なら取引手数料無料。

bitbank仮想通貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビットバンク(bitbank)は、日本の仮想通貨取引所です。

ビットバンクの基本情報・メリット・デメリットについてご紹介します。

 

仮想通貨は、大きく価格が変動する場合があります。
リスクをご理解の上、余裕資金で投資を行いましょう。

bitbank

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットバンクの基本情報

 

運営会社:ビットバンク

ビットバンクは、東京都品川区に拠点を置く株式会社です。

bitbank tradebitbank.ccの二つの取引所を持っています。

bitbank tradeはプロのトレーダー向け、
bitbank.ccは一般ユーザー向けの取引所です。

 

社長:廣末 紀之

ビットバンクの社長は廣末 紀之氏です。

大学時代には起業をした経験もあるそうです。

卒業後は野村証券に入社、その後はGMOインターネットを経てbitbankを創業しました。

インターネットと仮想通貨のもつ可能性について惹かれたことが、起業の要因となったようです。

 

今後は、日本の仮想通貨業界を牽引していくことが期待される人物です。

 

資本金:11.31億円(準備金含む)

準備金を含む資本金はおよそ11.31億円です。

設立:2014年5月

設立は2014年5月です。

国内の仮想通貨取引所の中では歴史が長いです。

 

オリジナルであるbitbank tradeは2014年からスタートしました。
その後の2017年に、bitbank.ccが営業を開始しています。

 

取り扱い通貨:6種類(BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, MONA)

ビットバンクでは6種類の通貨を取り扱っています。
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)

です。

 

モナコインの取り扱いがある取引所は国内ではフィスコなど、数少ないです。

アルトコインのラインナップに関しては、非常に充実しています。

 

最小取引額:0.0001BTC

ビットバンクの最小取引額は0.0001BTCです。

2018年12月6日現在のレートだと、0.0001BTC = 43円。

 

かなり小額から取引開始が可能です。

 

手数料

出入金手数料

日本円
入金:無料(銀行振込手数料のみ)

日本円での入金手数料は無料です。

出金:有料

日本円での出金手数料は有料です。

3万円未満の場合:540円
3万円以上の場合:756円

となっています。

 

仮想通貨
入金:無料

仮想通貨での入金手数料は無料です。

出金:有料

仮想通貨での出金手数料は有料です。
金額はコインによって異なっています。

ビットコイン(BTC)        0.001 BTC
イーサリアム(ETH)        0.005 ETH
リップル(XRP)          0.15 XRP
ビットコインキャッシュ(BCH)0.001 BCH
ライトコイン(LTC)         0.001 LTC
モナコイン(MONA)        0.001 MONA

となっています。

 

取引手数料:無料

取引手数料はmaker・takerともに無料となっています。

 

セキュリティ

コールドウォレット

ビットバンクでは、コールドウォレットを使用できます。

コールドウォレットは、インターネットに接続されていない環境で資産を管理する仕組みです。

仮にハッキングを受けたとしても、コールドウォレットであれば被害を受ける可能性を下げることができます。

 

マルチシグ

ビットバンクでは、マルチシグを利用できます。

マルチシグは、秘密鍵を複数の機関で管理するシステムです。

秘密鍵を承認する機関を分散化することによって、盗難のリスクを軽減することができます。

 

レバレッジ:20倍

ビットバンクでは、最大20倍のレバレッジを利用することができます。

bitbank tradeにて、仮想通貨のレバレッジ取引を行うことができます。

 

レバレッジ取引は、リスクを伴います。
余裕資金にて、自己責任で行ってください。

 

ビットバンクのメリット

 

アルトコインの手数料が無料

ビットバンクでは、アルトコインの手数料が無料です。

アルトコインの手数料が無料になる取引所はそう多くはありません。

現在、アルトコイン手数料無料はキャンペーンとして行われています。
有効期限は2019年1月4日までとなっています

 

高いレバレッジをかけられる

ビットバンクでは、比較的高いレバレッジをかけられる特徴があります。

取引所によっては最大で5倍しかかけられない場合も多い中、20倍のレバレッジは非常に大きいです。

 

FX取引に慣れた上級者の方には嬉しい機能です

レバレッジ取引は、リスクを伴います。
余裕資金にて、自己責任で行ってください。

 

 

ビットバンクのデメリット

ユーザー数は発展途上

まだまだビットバンクのユーザー数は発展途上の段階です。

ユーザー数が多くないため

取引が成立しにくい
スプレッド(売値と買値の差額)が発生しやすい

等のデメリットがあります。

 

 

ビットバンクのまとめ

ビットバンクは、アルトコインを買うならおすすめ

ビットバンクは、アルトコインの取引に定評がある取引所です。

メジャーなコインは網羅していますし、モナコインも購入することができます。

 

期間限定ではありますが、手数料が無料になることも嬉しいですね。

 

さらに注目したいのが、社長の廣末氏がもつ仮想通貨への愛情でしょうか。
彼の発言からは、インターネットへの愛着を非常に感じられます。

そんな彼ならきっと、これから日本の仮想通貨業界を良い方向に導いてくれるのではないでしょうか。

そうした期待も込めて、ビットバンクは今後大きな成長が見込める取引所です。
bitbank




次のページへ移る前に、少しお時間をいただけるだろか。

何故って?

それは、あなたに、「ユニークな仮想通貨プラットフォーム」をご紹介したいからだ。

仮想通貨自動トレードツール、QUOREA

QUOREA
QUOREA(クオレア)をご存知だろうか?

QUOREAのコンセプトは、単純明快。

「投資金額」と「自動トレードロボット」を決めて、放置するだけ。

これだけで、利益もしくは損失が生まれるというサービス。

僕自身、2020年1月11日からの累計で、約4%の収益率を稼ぎ出している(2020年1月28日現在)。具体的には、2万5千円の投資金額で、1014円のリターンを得ることが出来ている。
QUOREA(クオレア) 運用実績

QUOREAの良いところは、何といっても「時間がかからない」ところにあると思う。かかる時間は、AIロボットを選ぶ作業のみだ。忙しくて投資に手が回らない方は多いと思うが、そういった方にはぜひ注目していただきたいサービスなのだ。

それでは、自動トレードツールの中で、なぜQUOREAをお勧めするのか?という点に関して。客観的なデータに基づく理由を挙げるとすれば、「手数料の安さ」という点が大きい。

QUOREA(クオレア) 手数料 ご利用料金

例えば、上記の取引にかかった手数料は、たったの50円だ。それも、50円が下限に設定されているために、実際にかかっている手数料は50円より少ない。私が見た他社サービスでは、月3万円というのもあった。比べ物にならないほど、圧倒的にQUOREAの手数料は安い。

それでは、なぜ低い手数料を実現できているのだろうか。それは、QUOREAが「仮想通貨ロボットのプラットフォーム」となっているからだ。

つまり、ユーザーによって作成されたロボットを共有する場所が、QUOREAだというイメージだ。なかなか面白いところに着目したプラットフォーム・ビジネスだと思う。そして上記の運用実績の通り、ロボットの質は高い。

いずれにせよ、僕がQUOREAで収益を上げることが出来ているのは紛れもない事実だ。公式サイトを寄っていくだけでも、その雰囲気を感じ取っていただけると思う。
また、マネだちでは、QUOREAの運用実績の更新を随時行っていく予定だ。気になる方は、是非チェックしていただきたい。
QUOREA(クオレア)の登録方法から運用実績まで徹底解説。
本記事は、筆者個人の経験をお伝えする目的で制作されたものであり、特定の取引の勧誘・取次等を強制するものではありません。また本記事は、筆者が信頼に足り、正確であると判断した情報に基づき万全を期して作成されておりますが、その情報の確実性を保証し...
貴重なお時間をいただき、非常に感謝している。それでは、良い一日を!
仮想通貨
スポンサーリンク
manedachiをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
manedachi

コメント