「金持ち父さん貧乏父さん」賛否両論のベストセラーをレビュー!

rich dad

世の中にはなぜ、「お金持ちな人」と「貧乏な人」がいるのでしょうか?
今回は、そんな疑問に答えてくれる一冊、「金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」をご紹介します。

「金持ち父さん貧乏父さん」とは?

「金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」は、アメリカ人実業家、ロバート・キヨサキ氏によって書かれたベストセラー書籍です。

View this post on Instagram

In Johannesburg. My name on the car. Amazing.

A post shared by Robert Kiyosaki (@therealkiyosaki) on

彼が幼少期を過ごしたハワイで、実の父親である「貧乏父さん」と、友人の父である「金持ち父さん」がどのように異なっていたのかを軸にストーリーが展開してきます。

 

ロバート氏自身、最終的には「金持ち父さん」に授けられた「ファイナンシャル・インテリジェンス(お金の知性)」を活かして大成功を収めていくことになるのですが…。
本書で彼が主張している「ファイナンシャル・インテリジェンス」が大胆すぎて波紋を呼んでいるのです!

「持ち家は資産ではない、負債だ」
「お金のために働くな、お金を働かせろ」
「お金が"悪"なのではない。『お金がないこと』が問題なのだ」

などなど…。

お金に関する「一般常識」を覆すような、驚くべき考え方が次々に飛び出していきます。

「真面目に働けば給料が上がって幸せになれる。そんなものは幻想にすぎない」

お金を稼ぐことに特化した、非常にラディカルな哲学のオンパレードです。(笑)

 

金持ち父さんの考え方=ファイナンシャル・インテリジェンス

ロバート氏が主張する、お金持ちの考え方、すなわち「ファイナンシャル・インテリジェンス」はいたってシンプルです。

「負債を極限まで減らし、資産を増やす努力をせよ」

そう、これだけです。

 

ロバート氏は、

「負債」をお金をあなたから奪うもの

と表現し、

「資産」を、お金をあなたにもたらしてくれるもの

と定義します。

 

「負債」は例えば、持ち家や自家用車などなど。
例えばあなたがポルシェに乗っているとして、それが収入を生むことはありませんよね。
むしろ、税金や維持費がどんどん財布から逃げていきます。

 

お金持ちはこの状態を嫌います。
なぜでしょうか?

 

それは、手持ちのお金が減れば、「資産」を購入することが難しくなってしまうからです。

 

「資産」とは、不動産や株式、会社などなど。
不動産なら一定の家賃収入が得られ、株式を保有すれば配当金がもらえる。

 

ロバート氏が「資産」にこだわる理由は、あなたが「実際に働かなくても」収入を生んでくれることにあります。
たとえ病気になってしまったとしても、南国にバカンスに行っていたとしても、「資産」は私たちのために"働いて"くれるのです。

 

ロバート氏は、「資産」を保有することがお金持ちになるための近道だと断言しています。

そして、そのことを教えてくれたのは友人の父である「金持ち父さん」だった、
というのが本書の本筋です。

 

ロバート氏は、本書で躊躇することなく「金持ち父さん」と実の父親である「貧乏父さん」を比較しています。
「金持ち父さん」より高い学歴があって、優秀な労働者である実の父が、なぜ「貧乏父さん」なのか…?

 

幼いロバート氏が行き着いたのは、
貧乏父さんには「ファイナンシャル・インテリジェンス」が足りない
という結論でした。

 

"お金持ちの考え方"が学べる一冊

「金持ち父さん貧乏父さん」は、良くも悪くも資本主義の現実の姿を反映しています。

 

現実の世界は「能力」や「労働」が公平に評価されるシステムではなく、「資本」が最大のパワーを持っているということを気づかせてくれます。
ロバート氏は、それを踏まえたうえで教育システムにも疑問を呈しています。

 

学校では、「能力に優れた」者が評価されるような仕組みになっています。
しかしながら、さながら戦場の資本主義経済では、優秀な労働者がいくら努力しても"勝者"になることができない…

 

この現実を学生に教えないのは大人として無責任なのではないか。
そう問いかけています。

 

資本主義社会で成功するために本当に必要なのは、「ファイナンシャル・インテリジェンス」
すなわち、負債を減らし、自らのために収入を生んでくれる「資産」を保有することに他ならない…

 

厳しくも、説得力のあるメッセージを、ロバート氏は終始読者に語り掛けます。

 

この本は、「資本主義の現実」を踏まえたうえで、どのように振舞うべきか、いわば「お金持ちの考え方」を学ぶことができます。

一方、実際の「投資方法」などへの言及は一切ありません。
実践的なスキルを学ぶことはできないでしょう。

 

しかし、「お金持ちを目指すための覚悟」を固めるうえで、これ以上の本はないのではないでしょうか。
「必ずしも模範的な人間がお金持ちになれるわけではない」という、厳しい現実も目の当たりにできます。(苦笑)

 

「とにかくお金持ちになりたい」
「法律の範囲内で手段を選ばない」
「資本主義という"ゲーム"で成功したい」

そんなホモ・エコノミクスな方は、是非この本を手に取ってみてください。

 

「お金では、買えないものがある」

そんな理想が徐々に消えていくはずです。(笑)

もしかしたら、それがお金持ちになるためのスタートラインなのかも。

 

コメント