英語学習に役立つポッドキャスト(Podcast)を本気で選んでみた。

boy singing英語

Podcastは、ネットラジオの一種で、いつでも聴くことのできる音声媒体です。このPodcast、実はなかなかの優れモノなんです。あらかじめスマートフォンにダウンロードしておけば、通学時間や通勤時間に歩きながらでも聴くことができます。それでは、英語でPodcastを聴いたら?スキマ時間で英語力の向上を図ることができます。今回は、英語学習に役立つポッドキャストを厳選してご紹介します。

Podcastは様々なアプリで聞くことができます。お気に入りのアプリで聞いてみてください。

初級編

6 Minutes English (BBC)

6 Minutes Englishは、毎回新しい話題について、6分間で話し合う形式のポッドキャスト。トピックは「副業」や「ヴィーガニズム」などなものが多く、時事ポッドキャストとしても役に立ちます。毎回3択クイズが出て、飽きない工夫がされています。単語の説明もあって、とても親身です。

中級編

The English We Speak (Guardian)

The English We Speakは「イディオム」や「スラング」を中心としたポッドキャスト。6 Minutes Englishよりもくだけた雰囲気で、さながら漫才。(笑)2人組のキャスターが登場するのですが、片方がイディオムの意味を間違えて解釈してしまい、ボケる→もう片方が間違いを訂正してツッコむという何とも親しみやすい構成になっています。実際に登場するイディオムは、学校では教えてくれないものが多く目から鱗です。英会話の能力をワンステップ上げたい方にお勧めです。

上級編

HBR IdeaCast (Harvard Business Review)

ハーバード大学ビジネススクールのポッドキャスト。一般向けに公開されていることもあって、専門的な難しい話は出てきません。「イノベーティブな企業の厳しい現実」や「定年退職すると人生がどう変わるか?」など身近な話題がメインです。インタビュー形式で、毎回様々な分野の研究者や実業家が考えを語ってくれます。個人的に、イントロの音楽が好きです。(笑)

Chips with everything (Guardian)

テクノロジー関連のポッドキャスト。テクノロジーが私たちの生活に与えるポジティブな影響およびネガティブな懸念がテーマ。テクノロジーというと難しい印象がありますが、このポッドキャストは全く難しくありません。一般的な単語と少々の予備知識があれば、問題なく理解することができます。このポッドキャストの面白いところは、流行の最先端を行っているところ。ゲームやAIなど、今までなら扱われていなかった話題を掘り下げていくので、好奇心をくすぐられますよ。

Gadget Lab (WIRED)

https://www.instagram.com/p/Bs9HvOxALu3/?utm_source=ig_web_copy_link
Gadget Labは米国のテクノロジー雑誌「WIRED」が提供するポッドキャスト。BBCやGuardianとは全く違った雰囲気のメディアですが、ポッドキャストは同じレベルで充実しています。最新のデジタル機器について、数人のキャストが考えを語り合うスタイルです。最近見つけたばかりなのですが、気に入ったのでリストに加えてみました。

番外編

Football Weekly (Guardian)

サッカー好きの方に、是非お勧めしたいのがFootball Weekly。プレミアリーグを中心に、週2回、欧州サッカーについてコメンテーターたちが語り合います。英国のポッドキャストだからかは分かりませんが、コメンテーターがシニカルシュール。(笑)時折ギャグが飛び出す楽しいポッドキャストです。プレミアリーグ好きなら必聴です。

「英語学習に役立つポッドキャストを本気で選んでみた。」のまとめ

英語学習に役立ちそうなポッドキャストを、独断と偏見で選んでみました。BBCやGuardianなどはここで上げたもののほかにも、ビジネスや科学、政治や音楽など幅広いジャンルでポッドキャストを展開しています。気になった方は、ご自身の好きなジャンルでお気に入りのものを探してみてください。面白いポッドキャストが見つかったら、定期的にアップデートしていきます!

コメント