ビットポイントとは?取引手数料が無料。次世代の本命候補。

BIT Point仮想通貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BITPoint(ビットポイント)は、元サッカー日本代表の本田圭佑選手を広告塔としたことで話題になりました。

資本金も業界トップクラスで、セキュリティにも安定感があります。

そんな本命候補の仮想通貨取引所について、特徴・メリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットポイントの基本情報

 

運営会社:ビットポイントジャパン

ビットポイントを運営しているのは株式会社ビットポイントジャパンです。

本社は港区の住友不動産六本木グランドタワーにあります。

ビットポイントジャパンは、東証2部上場の「リミックスポイント」の子会社です。

リミックスポイントは小売電力事業など、エネルギー関連の事業を展開している会社です。

 

社長:小田 玄紀

ビットポイントの社長は小田 玄紀(おだげんき)氏です。

大学時代から起業家のサポートを行う会社を立ち上げた経歴があります。

Twitterでは、休養中の様子など意外な一面も垣間見ることができます。

ゲームとスイーツが好きみたいですね。(笑)

 

資本金:44億円

資本準備金を含め、約44億円の資本金を持っています。

これは仮想通貨取引所としては最高クラスで、安定した運営に大きな期待がもてますね。

 

設立日:2016年3月3日

設立日は2016年3月3日です。

実際には、2018年に知名度を得る前から準備が進められていたことが分かります。

 

取り扱い通貨:5種類(BTC, ETH, XRP, BCH, LTC)

ビットポイントの取り扱い通貨は5種類です。

 

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)

時価総額上位の通貨は一通り抑えている印象のラインナップです。
ライトコインは、これからよりポピュラーになっていくかもしれませんね。

 

最小取引額:0.0001BTC

ビットポイントの最小取引額は0.0001BTCとなっています。

 

2018年11月26日のレートで約45円。
だいたい50円から、高くても100円ほどから取引が開始できる計算です。

 

決してハードルの高い金額ではなく、かなり気軽に始められます

 

手数料

 

口座管理料:無料

口座開設手数料・口座管理料が無料になっています。

気軽に始めやすいですし、長い間お世話になることもできますね。

 

取引手数料:無料

すべての取引手数料が無料です。

現物取引
レバレッジ取引
ビットポイントFX取引

の手数料が無料です。

 

入出金手数料:無料/h4> 日本円:無料

日本円での出入金手数料は無料です。
入金時の銀行手数料は自己負担になります。

仮想通貨:無料

仮想通貨での出入金手数料は無料です。

セキュリティ

ビットポイントは、セキュリティ面でも信頼がおけます。

 

情報セキュリティ格付でAisランクを取得したほか、
複数の秘密鍵でアカウントを保護したり、SSL暗号化、EV-SSLにも対応済みです。

 

セキュリティ部門を統括するのは、楽天証券の元技術責任者です。

豊富な資金力を生かしながら、セキュリティへの投資を怠っていないのが好印象です。

 

 

ビットポイントのメリット

 

取引手数料が無料

上記の通り、ビットポイントでは取引手数料が無料です。

 

取引手数料が高額な場合、特に頻繁に売買するときに利益が減ってしまいます。
その点、投資家への配慮が行き渡っています。

 

取引ツールが充実

ビットポイントでは、実際の取引に役立つツールが充実しています。

 

例えば、

BITPoint ADVANCE

を使えば、投資に必要な情報をスムーズに集めることができます。

 

Meta Trader4

は世界的に有名な取引ツールで、自動売買を行うこともできます。

 

税金計算ツールを搭載

ビットポイントでは、税金計算ツールを利用することができます。

 

仮想通貨取引では、20万円以上の利益が出たとき、雑所得として税金を申請する必要があります。
その際にかかる負担を減らすことができます。

 

レバレッジ:25倍

最大25倍のレバレッジをかけて取引をすることができます。

 

レバレッジとは、自信のある取引に対してお金を借りて挑むことです。
失敗するリスクもありますが、成功すれば沢山のお金を儲けることができます。

 

25倍のレバレッジは、上級者にとっても満足できる数字です。

 

 

米ドル・ユーロ・香港ドルが利用可能

米ドル・ユーロ・香港ドルの外貨が利用できます。

為替の価格変動に柔軟に対応できるFX経験者に嬉しい機能です。

ビットポイントのデメリット

 

利用者数は発展途上

ビットポイントは2016年に設立されましたが、利用者は増加している途中です。

 

そのため、取引が成立しにくい状況が発生する可能性があります。

 

しかしながら、積極的な広告戦略や高い顧客満足から、これから利用者は急増していくものと考えられます。
なので、長期的にはあまり問題にはならないと考えられます。





次のページへ移る前に、少しお時間をいただけるだろか。

何故って?

それは、あなたに、「ユニークな仮想通貨プラットフォーム」をご紹介したいからだ。

仮想通貨自動トレードツール、QUOREA

QUOREA
QUOREA(クオレア)をご存知だろうか?

QUOREAのコンセプトは、単純明快。

「投資金額」と「自動トレードロボット」を決めて、放置するだけ。

これだけで、利益もしくは損失が生まれるというサービス。

僕自身、2020年1月11日からの累計で、約4%の収益率を稼ぎ出している(2020年1月28日現在)。具体的には、2万5千円の投資金額で、1014円のリターンを得ることが出来ている。
QUOREA(クオレア) 運用実績

QUOREAの良いところは、何といっても「時間がかからない」ところにあると思う。かかる時間は、AIロボットを選ぶ作業のみだ。忙しくて投資に手が回らない方は多いと思うが、そういった方にはぜひ注目していただきたいサービスなのだ。

それでは、自動トレードツールの中で、なぜQUOREAをお勧めするのか?という点に関して。客観的なデータに基づく理由を挙げるとすれば、「手数料の安さ」という点が大きい。

QUOREA(クオレア) 手数料 ご利用料金

例えば、上記の取引にかかった手数料は、たったの50円だ。それも、50円が下限に設定されているために、実際にかかっている手数料は50円より少ない。私が見た他社サービスでは、月3万円というのもあった。比べ物にならないほど、圧倒的にQUOREAの手数料は安い。

それでは、なぜ低い手数料を実現できているのだろうか。それは、QUOREAが「仮想通貨ロボットのプラットフォーム」となっているからだ。

つまり、ユーザーによって作成されたロボットを共有する場所が、QUOREAだというイメージだ。なかなか面白いところに着目したプラットフォーム・ビジネスだと思う。そして上記の運用実績の通り、ロボットの質は高い。

いずれにせよ、僕がQUOREAで収益を上げることが出来ているのは紛れもない事実だ。公式サイトを寄っていくだけでも、その雰囲気を感じ取っていただけると思う。
また、マネだちでは、QUOREAの運用実績の更新を随時行っていく予定だ。気になる方は、是非チェックしていただきたい。
QUOREA(クオレア)の登録方法から運用実績まで徹底解説。
本記事は、筆者個人の経験をお伝えする目的で制作されたものであり、特定の取引の勧誘・取次等を強制するものではありません。また本記事は、筆者が信頼に足り、正確であると判断した情報に基づき万全を期して作成されておりますが、その情報の確実性を保証し...
貴重なお時間をいただき、非常に感謝している。それでは、良い一日を!
仮想通貨
スポンサーリンク
manedachiをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
manedachi

コメント