モナコインとは?2ちゃんねる発祥・日本の仮想通貨。愛される理由!

Monacoin仮想通貨

モナコインは、日本初の仮想通貨です。
オンライン掲示板の2ちゃんねる上で、わたなべ氏(Mr.Watanabe)によって考案されました。

 

モナコインは秋葉原を中心に国内での支持が厚く、
「モナコイナー」と呼ばれる愛好家たちによって熱狂的に支持されています。(笑)

 

今回は、そんなユニークな通貨「モナコイン」について、

モナコインの基本
モナコインの特徴
モナコインの将来性

この三つの観点から解説していきたいと思います。

 

 

モナコインの基本情報

作者:わたなべ (Mr.Watanabe)

モナコインの作者は、わたなべ (Mr.Watanabe)です。

モナコインは、ネット掲示板の2ちゃんねるが発祥のコインです。

 

2ちゃんねるでよく用いられていた「モナー」というアスキーアートが語源となっています。

∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´∀`)< オマエモナー
(     )  \_____
│ │ │
(__)___)

 

わたなべ氏は、従来のビットコインが抱えていた送金速度・手数料の問題の解決に着手。
ライトコインを改良し、2014年元旦にモナコインを正式リリースしました。

 

管理者:参加者全体

モナコインを管理しているのは特定の機関ではなく、参加者全体です。
モナコインは、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨と同じくブロックチェーンに基づいています。

 

これにより、「脱中央集権的」なシステムを維持しつつ、取引の透明性を保ってます

 

単位:MONA(モナ)

モナコインの単位はMONA(モナ)です。

モナコインの単位は分割することが可能です。

 

mMONA(ミリモナコイン)= 1000分の1MONA
μMONA(マイクロモナコイン)= 100万分の1MONA
watanabe(ワタナベ)= 10億分の1MONA

という補助単位が存在しています。

 

 

発行方法:採掘(マイニング)

モナコインはマイニングにより発行されます。

マイニングにより、モナコインは中央集権的な形を取らずとも通貨の発行が可能になっています。

 

世界中の採掘者(マイナー)がコンピュータを駆使することによって、全ての決済が処理されています。
マイナーには計算処理の報酬として50MONAが支払われます。

 

発行上限:1億512万MONA

モナコインには1億512万MONAという発行上限が定められています。

さらに、モナコインは3年に一回「半減期」が設けられています。

 

「半減期」には、マイナーに対して支払われる報酬が半分になります。
そうして市場流通量を抑え、モナコインの市場価値を維持しているのです。

 

次回の半減期は2020年に訪れます
ちょうど東京五輪と重なる年、市場価格の変動に注目したいですね。

 

送金速度

ライトコインの送金速度は、約1.5分です。

モナコインは、送金速度の点で類似の通貨を凌駕しています。

 

例えば、モナコインのベースとなったライトコインの送金速度は2.5分。
ライトコインのベースとなったビットコインに至っては10分です。

 

送金速度の観点から、モナコインは実用化に向けて大きな長所を持っています

 

 

モナコインの特徴

2ちゃんねる発祥

モナコインは、2ちゃんねるが発祥です。

そのため、コインのデザインにアスキーアートの「モナー」が使われるなど、仮想通貨界では異色の雰囲気を放っています。(笑)

 

また、モナコインは日本初の仮想通貨でもあります。
なんだかとても親近感がわいてきませんか?(笑)

 

熱狂的なファン「モナコイナー」の存在

モナコインには、「モナコイナー」と呼ばれる熱狂的な支持者(信者?(笑))が存在します。

モナコイナーたちは、持ち前の想像力を活かしてモナコインを大いに楽しんでいます。

 

モナコイングッズを作って販売したり、
モナコインの広告を街頭の巨大スクリーンで流したり、
モナコイン神社を作ったり・・・

全て非営利目的です。(笑)

 

そんな愛されたコインであるからこそ、価格の安定が見込めます
熱狂的な「モナコイナー」たちは、どんな値段になろうともモナコインを手放さないはずだからです。

 

そうした安定した基盤を持つコインだけあって、将来性にも期待が持てます。

 

秋葉原などで既に実用化!

モナコインは、既にいくつかの店舗で実用化が進んでいます。

オンラインショッピングで!

「アイラボファクトリー」や「Monappy」などのオンラインストアでモナコインの使用が可能です。
「コインギフト」や「amaten」、「Bitでマネー」などの金券ショップでも使えます。

実店舗でも使用可能!

秋葉原のパソコンショップ「ark」では、店舗でもネットでもモナコインでの決済が可能です。
もちろんビットコインの使用も可能。

店舗ではQRコードを読み込むだけで決済可能です。

オンライン掲示板「Ask Mona」

モナコインは、「Ask Mona」と呼ばれるオンライン掲示板でも使えます。
タメになる投稿をした人や、問題を解決してくれた人にモナコインを配るという形態がとられています。

Twitter投げ銭「tipmona」

「tipmona」を使えば、Twitterでモナコインの投げ銭ができます!
応援したいクリエイターの方などに、気軽に感謝の気持ちを示すことができます。

中には、トランプ大統領や安倍首相にモナコインを送って遊んでいる人も。(笑)

 

 

モナコインの将来性

実用性の向上がポイント

モナコインの将来は、実用化が進むかどうかにかかっているのではないでしょうか。

現時点でも、モナコインはビットコインなどの通貨に比べて手軽に利用できます。

 

これがさらに、カード会社との提携などを通して日常生活に浸透すれば、躍進のチャンスがあるでしょう。

 

世界での認知度向上へ

モナコインは、世界での認知度を獲得できるかもポイントの一つです。

現在では、日本国内で安定した支持を獲得している反面、海外での認知度は低いです。

 

2ちゃん発祥であるモナコインの「日本らしさ」をアピールできれば、大きな注目を浴びるチャンスがあるはずです
この点は、「モナコイナー」自身の力量に託されています。

 

 

まとめ

モナコインは、独自の文化を形成するコミュニティが魅力の通貨です。

コインのグッズが出回ったり、神社ができたりする事例は全世界で類を見ないかもしれません。(笑)

 

それほど愛された通貨であるため、ある程度の価格の安定は見積もることができるはずです。

 

また、しっかりと高い実用性を兼ね備えている点も注目です。

日常生活に浸透させることができれば、モナコインは新たなステップへと進むことになるかもしれません。

【仮想通貨】おすすめの取引所のご案内

bitbank

bitbank
・国内No.1の取引量*
・リップル取引量 世界NO.1**
・狭いスプレッド
*2018/5/30 19:00 JST XRP Charts 30days **2018/9/20 CoinmarketCap

GMOコイン

アルトコイン訴求
・東証一部上場企業のグループ
・出入金手数料が無料
・口座開設でビットコイン(20,000Satoshi)プレゼント***
***キャンペーン終了時期は未定です。
仮想通貨
manedachiをフォローする
manedachi

コメント