今、大学受験をする意味について考える。常識を、疑うこと。

silhouette of man walking under the sky大学生活

「大学に行く必要なんかない」
成功者の多くは、こう語っています。

その意見に対し、受験生時代真っただ中だった僕は、少し子馬鹿にした態度をとっていました。
「ちょっと、中二病じゃん?(笑)」

しかし、実際に大学で過ごしてみて、分かってきたことがあるんです。

この記事は、大学でリア充する気まんまんの皆さんには参考にならないと思います…。
むしろ、そのような方々には大学に行くうま味は大きいでしょう。

そうではなく、「大学で勉強に打ち込みたい!」「大学で将来につながるものを得たい」と考えてるみんなに、伝えたい事実があります。

恋は盲目。理想に燃えた受験生時代

やりたいことが見つからない

高校時代。
その頃の僕は、まるで人生の目標を見失っていました。

部活特有の上下関係と、意味の分からない規則が嫌で。
中学校時代にやっていたサッカーもやめ、部活にも入りませんでした。

何をしたいのかわからない。

積極的にコミュニケーションをとることもなく、クラスでの生活も満たされないものでした。

「受験」という目標を見出す。

そんな風に過ごしていたある日、僕はまるで天から降ってきたかのようにあることを思いつきます。
「そうだ、受験を頑張ろう」

それからというもの、僕は水を得た魚のように受験勉強に取り組みました。
他の人が部活に励んでいる間、僕はひたすら名門大学合格に向けて独学を続けました。

当たり前のことですが、早めに受験勉強に取り組んだこともあり、成績はうなぎ上りに。
そして、第一志望校合格とはなりませんでしたが、晴れて大学受験には成功したんです。

あれ、面白くもなんともない

僕は、受験生時代の勤勉な精神を身にまとい、意気揚々と大学に乗り込みました。
さあ、ここで「立派な大人になるぞ」と。大きなことを成し遂げるぞと。

しかし、大学に通ったことのある人ならわかる通り、大学はそのようなことをする環境ではなく。
大学生の最大の目標は、「いかに効率よく有名企業に就職し、そして周りから浮かないように過ごすか」なんです。

当然、僕のようにナイーブな理想を抱えている人間は馬鹿にされますし、いわば、ただの「変な人」。
すぐに違和感に気付き、幻滅。

「もしも第一志望の学校に行っていたら」
そんなことを考えることもありました。

しかし、今さらながら気づきました。
そもそも、大学は夢を叶える場所ではない、と。

結局、才能を集めてるだけ。

よく、名門大学からは優秀な人材が輩出されるかのように表現されることがあります。
僕は思います。

それは間違い。
逆です、逆。

優秀な人材が、名門大学に入学するだけなのだ、と、
まあ、そもそも「優秀な人材」って何だよと思いますけど。(笑)

大学が個人の能力を養成することはあるのか?
確かにあるかもしれませんが、別に大学でなくてもできる話です。

素晴らしい時代の大きな間違い

今は、本当に幸せな時代なはず。
特に、日本で住んでいる限りは、飢餓に陥ったりする例は稀ですから。

そして、インターネットはいたるところに張り巡らされています。
自分の意見を簡単に発信できるし、大きなチャンスが眠っていると思います。

特に、知識を得るための手段はこれでもかというほどそろっています。
本を読もうと思ったら、Amazonのレビューを参考にすればいい。
プログラミング学習だって、ノウハウはいたるところに散らばっています。

そんな最高の時代に、あえて「古い方法」にとらわれ続けることに価値があるのかと。
「僕は、サークル活動で培った協調性があります!」

そんな、コピー・アンド・ペーストな人生でいいのかと。
僕には、それは受け入れられませんでした。

大学を去ったビリオネアたち

巨額の富を築いたビリオネアの中には、大学という「教義」に背を向けた人物が沢山います。
ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ。

View this post on Instagram

This week at F8. Bye bye, drone!

A post shared by Mark Zuckerberg (@zuck) on

数え上げればきりがありませんが、結局、大学なんてマストではないと僕は思います。

要するに、人生は自分が衣食住できる金銭を稼げれば、自由に生きていいのだと。
むしろ、守りに入らず、常に常識を疑ってかかる姿勢が人間を成長させるのではないでしょうか。

これからの人生のスタンス

「大学」という存在は無。

大学に行くかどうかは、もはや重要ではないと思います。
正直、行っても行かなくても変わらない。

これが、現役大学生の正直な感想です。
もちろん、「青春」を楽しむためにはいい場所だと思います。

でも、そういったことに興味のない僕のような人には、残念ながら期待を裏切られる場所です。
それが現実です。

他人には期待するな。自分に期待しよう

僕が伝えたいのは、「大学が素晴らしい未来を提供してくれる」という期待をするのはやめようということです。
その代わり、個の力をえげつないほど高める。好きなことに没頭する。

僕のような性格の人々にできることは、これしかありませんし、同時にこれは僕らの「才能」です。

他人の理想を実現するために、弱みを隠して生きる人生か。
自分の強みを認め、正直に生きる人生か。

どちらを生きるか、ということだと思います。

「今、大学受験をする意味について考える」のまとめ

最後に、今、受験や学生生活で辛い思いをしている人に、スティーブ・ジョブズのスピーチを送りたいと思います。

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma – which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become.

「時間は限られているんだ。他人の人生を生きるために、君の人生を無駄にしてはいけない。常識にとらわれてはいけない。それは、他人の考えに過ぎないから。他人の意見が、君の心の声を邪魔するのを許してはいけない。最も重要なのは、君の心と直感に従う勇気を持つこと。君の心は、君が本当になりたいものを分かっているから。」

コメント