これから来るよ。流行りそうな海外オルタナティブバンド。

guitarist音楽

まだ粗削りなオルタナティブって、いいですよね。
純粋さとパワフルさに、虜になってしまうような魅力があります。

そこで今回は、今はまだ注目されていないけど、これから流行りそうな海外のオルタナティブ・ロックのバンドを、独断と偏見でセレクトします!

Mosa Wild(2019年5月3日)

イングランドケント出身の4人組、Mosa Wild

ボーカルのジム、ギターのアレックスの二人は高校時代の友人で、ともに音楽を作っていました。大学への進学を悩んでいた彼らのもとに、チャーリとエドウィンが加入。これがアッシュフォードに拠点を置くロックバンド、Mosa Wildのスタートに。初めてのシングル、”Smoke“がリリースされたのは2016年。それから3年後の2019年に、初のEP、”Night“がリリースされました。

View this post on Instagram

A&J

A post shared by Mosa Wild (@mosawild) on

最初のシングルがリリースされたのが3年も前なのに、僕はこのバンドのことを今年になって知りました。率直に言うと、ドストライクです。バンドのイメージとしては、Mumford & Sons7割、U2を3割でミックスしたような感じ。爽やかでワイルド、そして精神性の深さを感じるオルタナ・ロック。僕の大好物です。(笑)特に”Night”は、ウェールズの山々と夕日を背にして、駆け抜けながら聴きたいですね。

TwitterもInstagramもそれぞれ1000人台、2000人台のフォロワーがいます。2曲のみリリースの現在でもこれですから、本格的に流行るのは時間の問題のはず。それにしても、個人的にはかなり過小評価されていると思いますね。ファースト・アルバムが出るころには沢山報道されるようになっているのでしょうか。楽しみに待っています。
Amazon Music Unlimitedで聴く

Another Sky(2019年3月20日)

Another Skyはロンドンに本拠地を置く4人組のバンド。EPやシングルを初めて出したのは2018年で、比較的新しいバンドです。

Another Skyの音楽は、ボーカルの声が非常に特徴的。低く、怒っているような声を出すスタイル。はじめは何も知らずに聞くと、若い男性が歌っているのかと思うのですが、ボーカルは実は女性なんです。カトリーナ・ヴィンセントは、その特徴的な声に惚れこんだ他のメンバーの目に留まったそう。一度聴いたら忘れられないような、クールで挑戦的な声がイイですね。

僕がAnother Skyでお気に入りなのが、Chillersという曲。

パワフルで挑発的。例えですけど、ナイキのCMに使われてもいいような雰囲気だと思います。

ビデオの舞台は、米国の西海岸でしょうか。中南米系の男が、車の整備工場で働いています。お金に関する描写が多く、沢山のお金を集める雇用主、リッチで高級車を乗り回す客、そして自転車で通勤する主人公の男が対照的に描かれています。

“Chiller”というのは、「イージーゴーイングで楽観的なナイスガイ」といった意味のスラング。この曲の歌詞は、明るい将来を目指して、楽しみながらかつ野心的に頑張る人を表現しているのだと思います。

イノベーティブな雰囲気をまとうAnother Skyの音楽は、ナイキやアップルなどの企業の広告にマッチしているように感じます。これから、「どこかの企業の広告に採用されて一気に認知度が上がってブレイクする」というシナリオもあり得るなと妄想しています。(笑)

YouTubeの登録者数はまだ1000人にも到達していませんが、今後5桁、6桁台に到達するのを予想するのは容易だと思います。

Outlya(2019年3月20日)

Outlyaは、イギリスの3人組のバンド。音楽性は、「明るいアリーナロック」といったところでしょうか。

Outlyaには、実は面白いストーリーがあります。Outlyaは、元々はPort Islaという名前のバンドでした。僕が彼らを知ったのもPort Islaの頃なのですが、2014年あたりに急に活動が途絶えてしまい。YouTubeもTwitterも更新されなくなってしまいます。個人的に、結構落ち込んだのを覚えています。(笑)それを機に、彼らの存在は僕の記憶からは遠ざかっていってしました。

Port Isla時代の名曲と言えば、In the Long Runでしょう。エド・シーランがツイートしたことで、Port Islaの認知度が高まった曲です。実は、僕もエド・シーランのお陰でPort Islaの魅力に気付いた一人です。(笑)クリーンでパワフル、そしてどことなくDIYの精神を感じるビデオ。最高にいい曲だと思うのですが、なぜかそこまで流行りませんでした。

View this post on Instagram

post_show_pool_time 📸 @danielalexanderharris

A post shared by OUTLYA (@outlyamusic) on

しかし、Port Islaは2017年、Outlyaとして突如復活を遂げます。その間に何があったのでしょうか。(笑)ともかく、謎の失踪を遂げたバンドが舞い戻り、再結成したのがOutlyaというバンドなのです。ガレージっぽい雰囲気が、よりポップになり、洗練された印象です。個人的には、粗削りなのも好きなんですけどね。(笑)

Outlyaからは、White Lightをピックアップ。

View this post on Instagram

Off Duty. 📸 @bufola

A post shared by OUTLYA (@outlyamusic) on

Port Isla時代から、いい意味でキャッチーさが進化しています。なんというか、いわゆるインディー・アンセムとしても最高の完成度だと思います。2018年に公開したばかりですが、既にPort Isla時代の再生回数を超えています。プロモーションの面でも、ブレイクの可能性を感じさせるバンドに変化したのではないでしょうか。

TwitterやInstagramのフォロワー数は3000人台と、近い将来に爆発の可能性を感じさせます。

また、The VaccinesYour Love Is My Favourite Bandという曲の製作に関わるなど、音楽面でも認知度を高めています。

Outlyaのブレイクは非常に近づいていると考えてもで良いでしょう!?(かなり偏見が入っています。(笑))

コメント