【噂の】IBHが出資・保険付きFX「TLC」は稼げるのか?を検証。

throneFX(外国為替)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

一部の情報筋の間で、少しずつ話題になり始めているサービス、保険付きFXの「TLC(Throne Legacy Capital)」。

 

一か月で、平均10%以上というリターンも報告されていて、かなりの高収益との情報。

 

しかし…

 

あまりの高収益に、

 

「そんなことって本当に可能なのか…」

 

と僕は感じていました。

 

そこで。!

 

実際に、TLCをやってみて、本当に稼げるのか検証してみることにしました。(笑)

 

正直言って、今後どうなるかはわかりません。(笑)

 

それでも、チャレンジャー精神をもって、突撃することにしました。

 

基本的に、本記事で書くのは情報筋から手に入れた資料や、実際の投資実績がもとになっていきます。

 

しかし、断っておきたいのは、その資料が100%正しいかどうかは、実は僕自身でも確信が持てません…。(高収益の情報ゆえに、疑いの心が生まれてしまうのです)

 

なので、

 

信じるか信じないかはあなた次第。

 

という点をご理解の上で、僕の突撃レポートを読んでいただければと思います!

 

本記事は筆者個人の経験をお伝えする目的で制作されたものであり、特定の取引の勧誘・取次等を強制するものではありません。本記事は、筆者が信頼に足り、正確であると判断した情報に基づき万全を期して作成されておりますが、その情報の確実性を保証しているものではありません。ご利用に際してはご自身のご判断にてなされるようお願いします。また、投資結果など過去の情報は実績であり、将来の成果を予想するものではありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TLCを運営している人々とは。

まずは、TLCを運営しているのは誰なのか?という疑問から解決していきたいと思います。

香港を本拠地にする投資キャピタル

TLCは、Throne Legacy Capitalの略。「Throne」は、王位という意味。「王の遺産のキャピタル」ですか。ギラギラした名前ですね。(笑)

 

TLCの本社は香港にあり、業務内容は「株・外国為替・債券・設備投資コンサルティング」などなど…。幅広い分野の投資にかかわっている投資キャピタルです。

tlc hq

新興の会社ではありますが、幅広く事業を手掛けていて勢いのある印象ですね。

信じるか信じないかはあなた次第。(2回目!ごめんなさい、僕にもわからないっ!(笑))

マレーシアの投資銀行「IBH」の傘下

そのTLCなのですが、マレーシアの投資銀行「IBH Investment Bank」のグループ企業として名を連ねています。

ibh certificate

IBHは2009年に創設され、ラブアンに本拠地を置いています。ラブアンといえば、東南アジアの金融センターの一つとして知られていますよね。

 

金融ビジネスを繰り広げるにはなかなか良い土地柄で、情報筋によると日系企業を含むそうそうたる大企業との取引もあるんだとか。

 

ここで具体的に挙げることはしませんが、興味のある方は気軽にご連絡ください。

信じるか信じないかはあなた次第。(3回目!資料自体はあります!)

 

経営陣のプロフィール

IBH(戦略的パートナー)

ibh ahmad

資料によると、IBH会長のAhmad氏はかなりビジネス経験が豊富なよう。

主に東南アジアを拠点に活動されているアントレプレナーといったところなんでしょうかね。

ibh choo ceo

IBH社長のChoo氏も同じく東南アジアに拠点を置く人物で、優秀なバンカーのようです。

Choo氏については、以下でまた詳しくリサーチしていきます。

TLC

tlc roony ceo

子会社のTLCを率いるのはRoony氏は金融の分野で、投資プログラムの構築に定評があるようです。

それにしても、ビジネスマンとしてはチョット見かけない写真の写り方をしていますね。(笑)

tlc board

TLCの幹部チームは、以上のような顔ぶれになっています。

代表取締役Dato’ Howard Choo氏をリサーチ

IBHのCEO、Choo氏について気になったので、少しリサーチを行ってみました。

 

すると、AICB(Asian Institute of Chartered Bankersアジア公認銀行員協会)のホームページにこんな記載を発見しました。(ソース:https://www.aicb.org.my/wp-content/uploads/2019/AICB%20Annual%20Report%202018.pdf)

aicb choo

これを見る限り、誰もが知っている方とは言えないかもしれませんが、有力なバンカーの一人であることは確かですよね。もちろん、この資料が正しければの話ですが!

 

TLC(EAスマート・トレーディング)の何が斬新なのか。

さて、TLCの運営陣を確認しました。今度は、「TLCの何が斬新なのか?」「何故TLCなのか?」というところを探っていきましょう。

FXの運用サービス

TLCが提供しているEA(エキスパート・アドバイザー)スマート・トレーディングは、基本的にはFXの運用サービス。

 

TLCのプロトレーダー及びAIがユーザーの資金を運用し、安定した利益を上げていく、

そんなイメージですかね。

 

TLCでFXが用いられている理由の一つには、外国為替市場の取引量の多さがあります。高い流動性を十分に活用し、多くの投資機会を生むのがその狙いのようです。

tlc forex

全く知らなかったのですが、株式市場や先物市場と比較しても圧倒的ですね。

FX×保険で為替リスクを軽減。

ただし、FXには為替リスクが伴います。国際情勢なり、世界経済の動向なり、様々な要素が重なってきますよね。

 

そのため、リスクとしては高めになってしまうというデメリットももちろんあります。

 

それを解決するため、TLCでは投資資金を「取引口座」および「保険口座」に分けて管理するという工夫をしているようです。

tlc

これは、TLCの最もユニークなポイントの一つといってもいいでしょう。

 

具体的には、取引口座と保険口座に逆の取引を行わせることによって、取引ごとにリスクヘッジを行っている、とのこと。

 

取引口座で大きな利益が出たとしても、保険口座で逆の取引を行っているため、利益は少なくなってしまいます。

 

しかし、反対に取引口座で大きな損失を抱えてしまっても、保険口座の利益で相殺できるというシステムなんだとか。

 

リスクを軽減しているので、取引ごとにごとの利益はもちろん小さくなりますが、その分、少しずつ増えていくということでしょうかね。φ(・_・”)メモメモ

 

TLCで収入を得る方法

TLCで収益を得る方法は、大きく分けて二つある、といいます。

運用益

言わずもがな、TLCへ預けたお金が運用され、収益を上げていきます。

 

TLCによると、EAスマート・トレーディングの場合、保険口座が取引口座とは逆の動きをするため、損失を被るリスクは最小限まで抑えられている、とのこと。

 

完全にノーリスクなのか?

 

と聞かれれば、本当のところは正直言ってわかりませんが、従来のFXよりはリスクが抑えられていると考えてもよいのではないでしょうか。

 

ここのところは、実際に運用してみてまとめていきたいと思います。

IB収入(紹介コミッション)

TLCには、新規ユーザーを紹介することによってコミッションを得るシステムもあります。

tlc incentives

基本的には、

1.新規ユーザーの登録で$100

2.友達の取引状況に応じて+α

というシステム。

 

自分自身の投資金額を増やすと、コミッションを得るチャンスが増えていくのも特徴ですね。

TLCに登録してみた。

ということで、実際にTLCに登録してみることにしました!

まずは準備。

準備として必要なものがいくつかあります。

 

入金は仮想通貨で行うことになるので、

1.国内仮想通貨取引所のアカウント

2.海外仮想通貨取引所のアカウント

これらの二つは、最低限準備をしておく必要がありますね。

 

ちなみに、僕は海外取引所としてバイナンスを利用しました。

以下のリンクから登録すると、取引手数料が10%、バイナンスから「キックバック」されるとのこと!

 

具体的な登録手順は、以下の3ステップでできました。

  1. 個人情報の入力
  2. 本人確認書類の提出
  3. 確認メールによる認証

1つずつ確認していきましょう。

個人情報の入力

まずは、TLCのウェブサイトにアクセス。(ページを日本語表記に変えると便利でした。中国語は分かりません。(笑))

tlc info

「招待コード」「紹介者」は、そのままで大丈夫でした。

 

入力したのは、以下の8つの項目。

  1. ユーザー名
  2. メールアドレス
  3. 氏名(本名を登録)
  4. パスワード
  5. 携帯電話番号 (「+81日本」を選択)
  6. IDの番号(パスワード、運転免許証、マイナンバーカードのIDを入力)
  7. 性別

本人確認書類の提出

次に、パスワード、運転免許証、マイナンバーカードなどの本人確認書類をアップロードしました。

tlc identification

陰になったり、はみ出てしまう箇所が無いように慎重に。

僕は免許証をアップロードしたので、裏表2枚のアップロードになりました。

確認メールによる認証

最後は、登録したメールアドレスに届いたメールを開きました。

tlc email

30分以内に「CONFIRM EMAIL ADDRESS」をクリックして任務完了。

TLCに入金してみた。

続いて、TLCへの入金です。

 

正直言って、この作業はかなり神経を使いました。(汗)

仮想通貨の送金って、なかなか慣れないものですからね。

 

とりあえず、入金のステップは以下の4つでOKでした。

 

  1. 日本国内取引所でBTC(ビットコイン)を購入
  2. 海外取引所にBTC(ビットコイン)を送金
  3. 海外取引所で、BTCを売り、USDT(ERC-20)を購入
  4. TLCへUSDTを送金

 

海外取引所にBTCやUSDTを持っている方は、手順を飛ばしてしまっても構いません。

USDTは、ERC-20のものであることを確認。古いバージョンのUSDTだと、TLCへの送金ができません。バイナンスで購入する場合は、基本的にERC-20なので大丈夫です。

少しハードルの高い作業にはなりましたが、振り返っていきます。

国内取引所でBTCを購入

まずは、国内取引所にて、ビットコインを確保しなければなりません。

 

なぜかというと、日本円から仮想通貨を購入できるのは、国内取引所だけだからですね。

日本国内の取引所に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

【手数料・スプレッド比較】ビットコイン買うならどの仮想通貨取引所?
ビットコインを一番安く買える取引所はどこか?ビットコインの取引所をランキング化して徹底比較。スプレッド・現物取引手数料・出入金手数料・レバレッジ手数料をリサーチ。あなたにピッタリの、最高の取引所を見つけよう。

ちなみに、僕はビットバンクを利用しました。

ビットバンクとは?アルトコインに絶対の自信。今なら取引手数料無料。
ビットバンク(bitbank)は、アルトコインのラインナップが豊富。現在、取引手数料が無料です(2019年1月4日まで)。最大20倍のレバレッジ取引が可能。セキュリティ面でも対策は万全です。今後は、さらなる利用者数の増加が期待されます。

スプレッドが小さく、メイカーの手数料がマイナスともあり、おススメの取引所です。

海外取引所にBTCを送金

国内取引所で購入したビットコインを、今度は海外取引所に送金します。

 

この際、海外取引所として最適なのは圧倒的にバイナンスだと思います。

文句なし、世界最大の取引所です。

【登録方法】世界一の仮想通貨取引所、バイナンスの魅力について語る。
バイナンスは、仮想通貨取引所のガリバー(巨人)だ。 世界最大の取引所との呼び声も高い。 サッカーでいえば、20世紀最高のクラブ「レアル・マドリード」、といったところか。 一言でいえば、最強だ。世界最...

ちなみに、以下のリンクから登録すると、取引手数料が10%、バイナンスから「キックバック」されてお得になるようなので、良かったら使ってみてください。

 

バイナンスへの送金方法は簡単に言うと

1.バイナンスのBTC入金アドレスを国内取引所の出金画面で入力する

2.バイナンスのBTC入金QRコードを国内取引所のアプリで認証する

の二つがあります。

 

僕は、簡単でミスの少ない2のほうを選びました。

USDT(ERC-20)を確保せよ。

バイナンスでビットコインを確保したら、今度はUSDT(テザー)を確保しました。

 

このUSDTというのは、他の仮想通貨とは一線を画した通貨で、USドルと価格が連動しています。なので、理論的にはビットコインのような価格の乱高下が起こりにくいと考えられている仮想通貨なんですね。

 

バイナンスでは、

「Markets>USDⓈ Markets>Pair (BTC/USDT)」

と遷移して、

binance btc/usdt

「Sell BTC」の注文ボックスから取引を行うことで、USDTを購入することが出来ました。

用意した17万円分のBTCではギリギリで、相場を見つつ手に汗握る購入になりました。疲れた!!!余分にBTCを送金しておくことを強くお勧めします。

USDT(ERC-20)をTLCへ送金

バイナンスでUSDTを確保出来たら、最後はTLCへの送金です。

これも辛抱強さが必要になる作業でしたが、頑張りました!

 

僕は、以下のステップで登録していきました。

 

  1. 「ウォレット>現金ウォレット」と遷移し、入金をクリックtlc deposit 1
  2. 方法と金額の選択tlc deposit

 

1.支払いオプション→暗号通貨
2.支払い方法→USDT

3.金額→1500
4.価格、処理手数料、合計→そのまま

    1. 利用規約への同意

tlc deposit

  1. TLCのパスワードを入力
  2. TLCの、USDTのウォレットアドレスが表示されるtlc deposit

表示されたアドレス宛に、バイナンスからUSDTの送金を行いました。

 

僕は間違いを減らしたかったので、パソコンに表示されたQRコードをスマホのバイナンスアプリでかざして送金手続きに入りました。

 

ちなみに、送金する金額はステップ2の4、「合計」で示された金額にします。

僕は合計で1545USDT送金する予定だったので、バイナンスでの送金額も同じく1545USDTにしました。これが間違えると、エラーになる可能性があるようなので、慎重に行いました。

 

ここで、しばしバイナンス側での送金作業が完了するまで一休み。

バイナンス側で送金が完了すると、バイナンスに登録したアドレスにメールが届きました。

  1. 「Txid」および「TLCパスワード」の入力

送金が完了したら、「支払い済み」を押します。tlc deposit

 

そうすると、以下のような画面が表示されました。tlc deposit

 

ここで

1.トランザクションハッシュ(バイナンス側の取引履歴の画面にTxidと表示されているはずです)

2.セキュリティパスワード(TLCのログインパスワード)

を入力。

 

入金が完了すると、以下のように表示されました。

tlc deposit

僕の場合、上記の表示までちょっと時間がかかりました。

 

TLCで取引してみた。

パッケージの購入

入金が完了したので、今度は実際にパッケージの購入をしてみました。

 

  1. 「現金ウォレット>パッケージの購入」と遷移。tlc buy
  2. パッケージ購入で以下の画面が表示されました。tlc buy

 

  1. パッケージ→「パッケージ$1000/保証$500」
  2. 取引アカウント→「新規アカウントを作成」
  3. PINコード→空欄
  4. 総額→1500
  5. セキュリティパスワード→「TLCのログインパスワード」

を入力。

      1. 確認画面が表示される。

      tlc buy
      最後に、こんな画面が出てきました。

          1. パッケージが購入できている。tlc buy

      はい、これで準備完了!

      取引を確認してみた(Coming soon!)

      TLCの出金方法

      TLCからの出金は、基本的にはバイナンスからになりますね。

       

      以下のリンクを使うと、バイナンスから手数料が10%「キックバック」されるようです。もしよろしければどうぞ!

    1.  

            1. 「ユーザープロフィール>暗号通貨ウォレットの登録」へと遷移、緑色の+マークをクリック。tlc withdrawal
            2. 銀行情報を入力。

          tlc withdrawal

      1.コインタイプ→USDT

      2.ウォレットアドレス→ERC-20ベースのUSDTのアドレス。0xから始まるもの。

          1. 「ウォレット>現金ウォレット」へと遷移。tlc withdrawal
          2. 出金情報の入力tlc withdrawal

      以下のような出金情報を入力。

      1.支払いオプション→「暗号通貨」

      2.支払い方法→「USDT」

      3.出金額→$200から。

      4.セキュリティパスワード→TLCのログインパスワード

            1. 出金の確認

          tlc withdrawal

      「出金の集計は日曜日、振り込みは5営業日以内」とのことです。

       

      TLCの運用実績

      1か月目(9.73%)

      1か月目の運用成績は、9.73%。

      tlc return

      噂通り、10%に近付いてきましたね~。1500ドルを投下して、146ドル稼いでくれました。

tlc return

詳細は、上記のようになっています。コンスタントに、利益のみを伸ばす結果になりました。

TLCの注意点

<h3>本当に稼げるのか?というところは100%未知数。(笑

僕自身、TLCでまだ利益を得たことがないので、どうなるかは全く分からない状態です。もちろん、情報筋によると、なかなか良い情報もありますが、自分でやってみないことには…ですよね。これに関しては、今後もアップデートを続けていきたいと思います。

運用1か月目、9.73%の利益率になりました。

TLCのまとめ

TLCは、果たして本当に稼げるのでしょうか。マネだちでは、これからもリサーチを続けていきます!!!





次のページへ移る前に、少しお時間をいただけるだろか。

何故って?

それは、あなたに、「ユニークな仮想通貨プラットフォーム」をご紹介したいからだ。

仮想通貨自動トレードツール、QUOREA

QUOREA
QUOREA(クオレア)をご存知だろうか?

QUOREAのコンセプトは、単純明快。

「投資金額」と「自動トレードロボット」を決めて、放置するだけ。

これだけで、利益もしくは損失が生まれるというサービス。

僕自身、2020年1月11日からの累計で、約4%の収益率を稼ぎ出している(2020年1月28日現在)。具体的には、2万5千円の投資金額で、1014円のリターンを得ることが出来ている。
QUOREA(クオレア) 運用実績

QUOREAの良いところは、何といっても「時間がかからない」ところにあると思う。かかる時間は、AIロボットを選ぶ作業のみだ。忙しくて投資に手が回らない方は多いと思うが、そういった方にはぜひ注目していただきたいサービスなのだ。

それでは、自動トレードツールの中で、なぜQUOREAをお勧めするのか?という点に関して。客観的なデータに基づく理由を挙げるとすれば、「手数料の安さ」という点が大きい。

QUOREA(クオレア) 手数料 ご利用料金

例えば、上記の取引にかかった手数料は、たったの50円だ。それも、50円が下限に設定されているために、実際にかかっている手数料は50円より少ない。私が見た他社サービスでは、月3万円というのもあった。比べ物にならないほど、圧倒的にQUOREAの手数料は安い。

それでは、なぜ低い手数料を実現できているのだろうか。それは、QUOREAが「仮想通貨ロボットのプラットフォーム」となっているからだ。

つまり、ユーザーによって作成されたロボットを共有する場所が、QUOREAだというイメージだ。なかなか面白いところに着目したプラットフォーム・ビジネスだと思う。そして上記の運用実績の通り、ロボットの質は高い。

いずれにせよ、僕がQUOREAで収益を上げることが出来ているのは紛れもない事実だ。公式サイトを寄っていくだけでも、その雰囲気を感じ取っていただけると思う。
また、マネだちでは、QUOREAの運用実績の更新を随時行っていく予定だ。気になる方は、是非チェックしていただきたい。
QUOREA(クオレア)の登録方法から運用実績まで徹底解説。
本記事は、筆者個人の経験をお伝えする目的で制作されたものであり、特定の取引の勧誘・取次等を強制するものではありません。また本記事は、筆者が信頼に足り、正確であると判断した情報に基づき万全を期して作成されておりますが、その情報の確実性を保証し...
貴重なお時間をいただき、非常に感謝している。それでは、良い一日を!
FX(外国為替)
スポンサーリンク
manedachiをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
manedachi

コメント