イーサリアム(Ethereum)とは?スマート・コントラクトの未来。

Ethereum仮想通貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イーサリアム。

それは、あのビットコインに並ぶとも予想される仮想通貨です。

 

この記事では、

イーサリアムってなに?
将来どんどん価格が上がっていくの?
新しい技術への応用は?

そんな疑問に答えていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イーサリアムの基本

 

作者:ヴィタリック・ブリテン

イーサリアムの作者は、若きロシア系カナダ人のヴィタリック・ブリテン

 

1994年1月31日生まれで、なんとイーサリアムのリリース時の年齢は21歳でした。

 

そんな彼は幼いころから数学やプログラミング、経済学に興味を示していたそうです。
情報オリンピックに出場するなど、学生時代からその才能を嘱望されていた彼。

 

転機は高校時代に訪れます。
父親からビットコインについて紹介され、ヴィタリックはそれに強い興味を示しました。

そこから世界各国を旅し、イーサリアムという、新たな仮想通貨の構想を立ち上げたのです

 

開始年月:2015年7月30日

イーサリアムの公式なリリース日は2015年7月31日です。

 

最大の仮想通貨であるビットコインが2009年に開始したのに比べると比較的若い仮想通貨です。

しかしながら、十分な運営実績を持っているといえるでしょう。

 

管理者:参加者全体

イーサリアムには中央管理機関がなく参加者全体によって管理されています。

 

作者のヴィタリックは、インターネットを巨大組織の手から個人へと戻すことを理想としています。
イーサリアムが参加者によって管理されているのも頷けますね。

 

単位:ETH(イーサ、ether)

イーサリアムの通貨単位はETH(イーサ、ether)です。

 

正式には、「イーサ」のみが仮想通貨を指し、「イーサリアム」はそれを運用するシステムを指しています。
ですが、実際には仮想通貨自体も「イーサリアム」と呼ばれることも多いです。

 

特に呼び方は神経質になる必要はなく、「イーサ」と呼んでも「イーサリアム」と呼んでも支障はありません。

 

 

イーサリアムの特徴

 

多彩な利用用途

「イーサリアム」は、仮想通貨だけでなく、様々なアプリケーションへの利用が可能です。

 

「イーサリアム」という技術を使って、誰もが好きなアプリを作れる

というイメージに近いですね。

もちろん「イーサリアム」はインターネット上に公開されているので、誰もが利用することができます。

 

「スマート・コントラクト」システム

イーサリアムの取引を支えているのが「スマート・コントラクト」の技術です。

 

これは、販売と購入が一度に行われるシステムのことを指します。

 

ネットショッピングをイメージしていただけると分かりやすいかもしれません。

例えば、

購入側が先に入金すれば、そのまま商品が届かないで損をする

可能性がありますよね。

反対に、

販売側が先に配達すれば、入金されないで損をする

可能性もある。

そんな問題を防ぐために、

購入と販売を一度に行おう
というがスマート・コントラクトのアイデアです。

 

発行上限は(今のところ)ない

現時点で、イーサリアムの発行上限は決められていません

 

もしかすると、上限が設けられない可能性もあります。
これは、イーサリアムが中央管理機関によるコントロールを嫌っているからかもしれませんね。

 

発行上限については、今後のアップデートが待たれます。

 

発行方法:採掘(マイニング)

イーサリアムは、ビットコインと同じように採掘(マイニング)によって発行されています。

 

マイニングとは、イーサリアムの取引の計算を担った参加者が、その報酬を受け取ることで新たな通貨が発行されるシステムです。

このシステムが、イーサリアムの計算を担うコンピューターを設置する動機になり、通貨の管理が持続するのです。

 

 

イーサリアムの未来

イーサリアム企業連合(EEA)

2017年には、イーサリアム企業連合(EEA)が設立されました。

 

これは、イーサリアムの将来性に注目した企業がグループとなり、その発展を促すというものです
マイクロソフトやマスターカードなど、多くの有力企業が参加しています。

 

イーサリアムというテクノロジーが、高い将来性を期待されていることの証拠とも言えます。

 

ビットコインに並ぶ仮想通貨に?

将来、イーサリアムがビットコインと同等の価値を持つようになるのも十分に考えられます。

 

まだまだ若いイーサリアムは今後、さらなる発展を遂げると予想されるからです。
さらにイーサリアム企業連合の設立など、産業界からの高い期待もうかがえます。

 

発展途上のイーサリアムの価格変動、そして新技術への応用から目が離せません。




次のページへ移る前に、少しお時間をいただけるだろか。

何故って?

それは、あなたに、「ユニークな仮想通貨プラットフォーム」をご紹介したいからだ。

仮想通貨自動トレードツール、QUOREA

QUOREA
QUOREA(クオレア)をご存知だろうか?

QUOREAのコンセプトは、単純明快。

「投資金額」と「自動トレードロボット」を決めて、放置するだけ。

これだけで、利益もしくは損失が生まれるというサービス。

僕自身、2020年1月11日からの累計で、約4%の収益率を稼ぎ出している(2020年1月28日現在)。具体的には、2万5千円の投資金額で、1014円のリターンを得ることが出来ている。
QUOREA(クオレア) 運用実績

QUOREAの良いところは、何といっても「時間がかからない」ところにあると思う。かかる時間は、AIロボットを選ぶ作業のみだ。忙しくて投資に手が回らない方は多いと思うが、そういった方にはぜひ注目していただきたいサービスなのだ。

それでは、自動トレードツールの中で、なぜQUOREAをお勧めするのか?という点に関して。客観的なデータに基づく理由を挙げるとすれば、「手数料の安さ」という点が大きい。

QUOREA(クオレア) 手数料 ご利用料金

例えば、上記の取引にかかった手数料は、たったの50円だ。それも、50円が下限に設定されているために、実際にかかっている手数料は50円より少ない。私が見た他社サービスでは、月3万円というのもあった。比べ物にならないほど、圧倒的にQUOREAの手数料は安い。

それでは、なぜ低い手数料を実現できているのだろうか。それは、QUOREAが「仮想通貨ロボットのプラットフォーム」となっているからだ。

つまり、ユーザーによって作成されたロボットを共有する場所が、QUOREAだというイメージだ。なかなか面白いところに着目したプラットフォーム・ビジネスだと思う。そして上記の運用実績の通り、ロボットの質は高い。

いずれにせよ、僕がQUOREAで収益を上げることが出来ているのは紛れもない事実だ。公式サイトを寄っていくだけでも、その雰囲気を感じ取っていただけると思う。
また、マネだちでは、QUOREAの運用実績の更新を随時行っていく予定だ。気になる方は、是非チェックしていただきたい。
QUOREA(クオレア)の登録方法から運用実績まで徹底解説。
本記事は、筆者個人の経験をお伝えする目的で制作されたものであり、特定の取引の勧誘・取次等を強制するものではありません。また本記事は、筆者が信頼に足り、正確であると判断した情報に基づき万全を期して作成されておりますが、その情報の確実性を保証し...
貴重なお時間をいただき、非常に感謝している。それでは、良い一日を!
仮想通貨
スポンサーリンク
manedachiをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
manedachi

コメント